ホーム | 日系社会ニュース | 50周年で座禅堂建設=曹洞宗仏心寺=日伯両国で資金あつめ=慈善バザー売上げも充てる

50周年で座禅堂建設=曹洞宗仏心寺=日伯両国で資金あつめ=慈善バザー売上げも充てる

ニッケイ新聞 2007年10月23日付け

 サンパウロ市への登録から五十周年を迎えるにあたり、曹洞宗両大本山南米別院仏心寺が座禅堂(日本文化研修館併設)などの記念事業を計画し、寄付を呼びかけている。十三日に開催された婦人部主催慈善バザーの売上げの一部も同記念事業にまわされた。
 一九五五年に当時曹洞宗管長だった高階瓏仙禅師が来伯、信徒の心を一つに束ね、寺院の建立の道を開いたのがきっかけ。以来、四人の布教総監を経て、法灯が守られてきた。
 サンパウロ市サンジョアキン街添いに現在ある仏殿の背面に、五階建て、延べ床面積三千五百平米の座禅堂「道光閣」を建設する。その内部には、日本文化研修館、宿泊施設、位牌堂、多目的ホール、駐車場、日本庭園などがつくられる。
 今までは宿泊設備がなかったため、各地からの摂心参加者が作法の面で指導が受けられないなど、不便の状況になっている。
 予算は二億円。檀徒五百戸からの浄財を中心に、日伯両側で半額ずつ集めたい、としている。できれば来年着工し、〇九年ごろの完成を目指す。
 十三日の慈善バザーは、同寺の年中行事の中でも最大規模のイベント。昼頃には、ヤキソバやもち、肉饅頭を食べる人でホールはいっぱいになった。このバザーの仕込みのために、同婦人部は前日の朝六時から準備をはじめていた。
 同婦人部では毎月、料理講習会を実施しており、四十~五十人が集まる。斉藤明子婦人部長は、「作らなくてもいいから食べに来て」と笑顔で呼びかける。参加費は十レアル。この参加者が今回のバザーでも多数協力している。
 今回の収益は婦人部の活動費になるほか、福祉団体にも寄付され、座禅堂建設費用にも充てられる。
 南米国際布教総監、采川道昭住職はバザーでにぎわうホールを眺めながら、「座禅堂建設は、歴代総監の夢でした。できるだけ私の代で完成させたい」と意気込んだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]
  • 「日系人とスポーツ」投稿募集=ディスカバリー・ニッケイサイト2020年8月11日 「日系人とスポーツ」投稿募集=ディスカバリー・ニッケイサイト  ディスカバリー・ニッケイ(全米日系博物館主催)は「勝敗を超えて:ニッケイスポーツ」と題し、「日系人とスポーツ」に関する文章を受付けている。募集要項に沿って投稿されたすべての投稿を掲載予定。  題材は日系人と関わりあるもので、現役または引退した日系オリンピック選手、日系スポー […]