ホーム | 日系社会ニュース | レーザー手術での矯正=商議所昼食会=飛田医師「眼」を語る

レーザー手術での矯正=商議所昼食会=飛田医師「眼」を語る

ニッケイ新聞 2008年2月22日付け

 ブラジル日本商工会議所(田中信会頭)の定例昼食会が十五日、聖市内のホテルで開かれ、サンタ・カーザ医科大学助教授で慶応大学博士課程在学中の飛田雄史リチャード眼科医が、「近視、乱視、遠視の矯正レーザー手術について」と題して講演した、約九十人の参加者は熱心に話を聞いていた。
 同医師は、遠視や乱視、近視の視界の違いをパワーポイントで比較しながら説明。近視は網膜の前で、遠視は網膜の後ろにピントがくるためとした。また老眼には近視的老眼、遠視的老眼などがあり、水晶体のレンズの調整力が年齢とともに劣化して発生すると話した。
 また老眼矯正には水晶体をとってレンズを入れる手術があるが「まだお奨めできない」。矯正レーザー手術に関しても、「アメリカでは視力矯正を自宅でできるキットが四百ドルほどで売られたことがあったが危険。信用できる医者に相談してほしい」と述べた。
 視力矯正の手術には、角膜の形を加工するレーシックと呼ばれる手法などがあると紹介。講演後、同医師は同手術の一般的な費用について、「検査費などを含めて片目で最低千三百レアルほど。近視や乱視の状態など目の状態で変わるが、両目で三千レアル前後はかかると思う」と語った。
 また手術を受けるには、日本人は角膜の形がしっかりと固定される二十四歳前後から、ブラジル人は二十歳からが目安で、「関心のある人はまず眼科で相談して欲しい」と話した。
                   ◇
 このほか各日系団体の代表者らがそれぞれの事業を説明するスピーチをおこなった。
 松尾治百周年協会執行委員長は、「新聞紙上などで百周年協会は何をしているんだと言われています」とあいさつ。同協会の各記念事業の概要を説明し、「協会の口座にはまだ百万レアルしか集まっていない」と述べ、「今後も皆様の会社にお願いにあがらせて頂きます」と話した。
 続いてサンタクルス病院の横田パウロ理事長、文協拡充委員会から田中エミリアさんと山下リジアさん、さらに三月九日聖市SESCヴィラ・マリアナで公演するタンゴ歌手冴木杏奈さんのマネージャー、津本美紀江さんらが三分間スピーチを行い、それぞれの事業内容などを説明した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]