ホーム | 日系社会ニュース | 県連問題=「執行部は努力すべき」=中沢氏会見で持論展開=「シャッパ人数足りない」

県連問題=「執行部は努力すべき」=中沢氏会見で持論展開=「シャッパ人数足りない」

ニッケイ新聞 2008年3月13日付け

 【既報関連】第八回県連日本祭に絡む外部業者からの二十一万レアル追加請求訴訟問題に関して、十二日午前、中沢宏一宮城県人会長が同会館で会見し、「裁判にすべきでない」などと持論を繰り返した。松尾治県連会長との公開討論会開催に見切りをつけ、この会見を行った。
 中沢会長が県連会長職にあった第八回日本祭(〇五年)で外部業者だったEXPOSTAR社が、新執行部になった後に追加請求し裁判問題になった。「裁判になったのは現執行部になってから。過去のことも含めて全部を現執行部が解決すべき。日系主要団体でもある県連なら、裁判までいかずに解決できたはず。もっと努力すべきだ」との論理を展開した。
 追加請求があることを代表者会議で公にしなかったことについて、「既に最初の請求分を払っていたし、(追加分は)県連執行部が誰もサインしていない。その時はまだ交渉中であり、払わないですむと思った」と説明し、「執行部でない人がサインしたのだから、県連が払うべきではない」との考えを再三強調した。
 また、同社の社長とは知合のため二度ほど話をしたことを明かし、「中沢となら話をすると言ってくれている」と現状を説明。「現執行部からも呼ばれないから二年間は何も出来なかった。もし、高橋一水さん(高知県人会長)が会長になっていたら裁判にはなっていなかった。話し合いで解決していく予定だった」として、「解決はお金を払うだけではない。仕事を一緒にするなど別の解決方法がある」と語った。
 一方、現在進行中の裁判で召喚された場合は「その時の事実を話すだけ」との返答にとどまった。
 中沢氏は松尾会長に対して三日、公開討論開催を求める要請書を送付。松尾会長は二人での話し合いを提案したが、中沢氏はこれを拒否した経緯がある。
 会見では「代表者会議の席でのことは、黙って引き下がるのは考えられない」と松尾会長を非難。公開討論にこだわった理由について「代表者会議の席では討論する場がない。じっくり話をしたかった」と述べ、「現在の代表者会議は日本祭の話ばかり。県連の将来についてなどの話があるはず」とその意義を語った。
 今月二十七日の県連執行部選挙への立候補を表明している中沢氏。「公開討論開催の時期は選挙の前であり、自己アピールの場でもある」とも位置付けた。
 シャッパの提出期限は十七日。「現段階ではシャッパができあがっていなくて、数人足らない」としながらも「(締切日の)月曜日までには」と強気の姿勢を貫いている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • コラム オーリャ!2008年3月13日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2008年3月13日付け  県連会長の松尾治氏に対して、公開討論を申し込んでいた宮城県人会会長の中沢宏一氏。約二週間待って返事がなかったので、要請を打ち切り、自分の意見を述べる記者会見を行った。 […]
  • コラム オーリャ!2007年12月11日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年12月11日付け  来年に迫った百周年。沖縄県人会では独自の百周年を挙行するため、各委員会が会合を重ねている。  そこで素朴な疑問が浮かんだ。普段、沖縄県人会を取材に行くと「必ず」と言っていいほど〃ウチナーグチ〃が飛び交っている。 […]
  • 北米の沖縄県人会も=ブラジルと同じ思い=「若い世代の参加がほしい」2008年3月13日 北米の沖縄県人会も=ブラジルと同じ思い=「若い世代の参加がほしい」 ニッケイ新聞 2008年3月13日付け […]
  • 平野運平胸像に募金を=静岡県人会が呼びかけ2008年3月13日 平野運平胸像に募金を=静岡県人会が呼びかけ ニッケイ新聞 2008年3月13日付け  ブラジル静岡県人会(杉本教雄会長)では、六月十八日に静岡県掛川市で除幕予定の平野運平胸像建立費用の募金を広く呼びかけている。 […]