ホーム | 日系社会ニュース | トランスプロモ宣伝に=業者の中尾さん手応え

トランスプロモ宣伝に=業者の中尾さん手応え

ニッケイ新聞 2008年5月3日付け

 南米の出版・印刷製版事情や邦字紙の現状などを調査するため、大日本スクリーン製造株式会社(本社・京都府)の中尾誠一さんが来伯、四月三十日来社した。
 中尾さんは、四月二十九日にサンパウロ市内で開催されたイベント「トランスプロモ・メディア・ブラジル」に参加。パネリストとして、同社のカラー高速インクジェットプリンターやトランスプロモの概要について説明し、大きな反響があったという。
 トランスプロモとは、請求書や利用証明書に、受け取る人の嗜好にあわせた広告を載せ、ダイレクトメールとして印刷・郵送する手法。欧米ではすでに商業ベースで取り入れられているという。
 中尾さんは同イベントを振り返り「会場は超満員の人たちで、熱気を感じた。インターネット分野が伸張するなか、印刷業界の再活性にむけた新たな可能性を感じていたようだ」と話した。三十日、帰国した。

image_print

こちらの記事もどうぞ