ホーム | 日系社会ニュース | 筝曲宮城会2度目の来伯公演=日本から指導者レベルの奏者35人=伝統的な音色で魅了

筝曲宮城会2度目の来伯公演=日本から指導者レベルの奏者35人=伝統的な音色で魅了

ニッケイ新聞 2008年5月6日付け

 筝曲宮城会のブラジル来伯公演が三日、四日の両日、サンパウロ市V・マリアナ区のSESCで行われ、日本の伝統的な美しい音色を味わおうと、会場を埋め尽くす多くの人が駆けつけた。
 移民百周年を記念しており、同会による公演は日本ブラジル修交百周年があった九五年以来、二度目。日本から指導者レベルの奏者三十五人が出演したほか、ブラジル筝曲宮城会(小倉祐子代表)の会員らも参加した。
 金屏風をバックに、色とりどりの艶やかな着物をまとった演奏者がずらっと並んだ。宮城道雄の代表作である「春の海」をはじめ、「さくら変奏曲」「越後獅子」、琉球民謡による組曲「尾上の松」、編曲「八千代獅子」の各曲が一時間半に渡り披露された。それぞれの演奏前には日ポ両語で解説があり、メモを熱心にとっているブラジル人来場者も見られた。
 演奏会後、来場者で音楽家のレネ・ボウデットさん(70・サンパウロ市在住)は「こんな独創的な旋律は初めて聴いた。ブラジルの若手音楽家たちにも聴いてもらいたい」と感動した様子で話した。また妻のルシアさん(65)は「女性がずらっと並ぶ演奏会を初めて観た」と驚いていた。
 両公演に出演したブラジル筝曲宮城会の長瀬令子さんは「両公演とも多くの人に喜んでももらえてよかった」と振り返っていた。
 宮城会は一九五一年に、宮城道雄の提唱により結成され、宮城筝曲の普及や日本音楽の継承・発展を目指して活動を続けており、海外でも数多くの演奏活動を行っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 過去の誤りを認めさせるために=サンパウロ市在住 奥原マリオ純(原文ポ語)2018年3月8日 過去の誤りを認めさせるために=サンパウロ市在住 奥原マリオ純(原文ポ語)  本年はブラジルへの日本移民110周年であり、そしてまた世界人権宣言が採択されてから70年の記念の年であります。国際連合は、第2次世界大戦でなされた残虐な行為に鑑みて、1948年12月10日に人権条約の基礎となる宣言を採択しました。  数多くの日系アメリカ人や日系カナ […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 大耳小耳2017年10月24日 大耳小耳  ニッケイ新聞の「日本文化」シリーズの電子書籍がe-galaxiaから出版された。ポ語のみ、各巻14・90レアル。詳細はe-galaxiaの日本文化ページ(http://urx2.nu/GClY)へ。また、インターネット通販サイトAmazonでも『Amazonia 日本人移住八 […]