ホーム | 日系社会ニュース | 静岡文芸大=10月に移民写真展開催=池上教授が日系社会視察

静岡文芸大=10月に移民写真展開催=池上教授が日系社会視察

ニッケイ新聞 2008年5月10日付け

 静岡文化芸術大学(川勝平太学長)=浜松市=では移民百周年を記念して、学長特別研究プロジェクトとして十月に移民写真展「ブラジルの中の日本、日本の中のブラジル~写真でみる100年、過去から未来へ~」を開催するにあたり、池上重弘教授が日系社会視察に四月二十七日に来伯し、九日に帰国した。
 「学長から、景観を変えるほどの農業をやっている日系人農家を見てからプロジェクトに取り組んでほしいと言われてきました」と池上教授は初来伯の動機を説明した。
 池上教授は、外国人集住都市会議アドバイザー、静岡県多文化共生推進議会委員も務めるほか、地元浜松市の世界都市化への指針となる「新・浜松市世界都市化ビジョン」案をまとめた有識者懇話会の委員長なども歴任するオピニオン・リーダーの一人だ。
 このプロジェクトでは学生実行委員会(鏡田彩乃委員等)の四十人が中心になって、「移民の過去」「現在の日系人の暮らし」「在日日系人の生活」の三つの局面を、JICA、毎日新聞社、邦字紙などの協力で資料を集め、浜松に生活するブラジル人中高生との交流を通して、実際に撮影して展示する予定。
 写真パネル展示と同時に、関連イベントを行い、日本人市民、ブラジル人市民の相互理解と交流を図ることを目的にする。
 中でも、国際文化学科のブラジル人学生がリーダーになっている部門では、ブラジル人中高生と積極的に交流を図り、進学意欲を高める大きな動機付けになると期待されている。
 池上教授は到着した翌日から、阿部義光リベルダーデロータリークラブ元会長らの協力で、スザノ、モジの日系農家や実業家、日系団体、政治家などを精力的に回った。
 「だいぶ現実的なイメージをつかむことができた。日系人が地に足をつけている様子が分かった」と好感触を得たようだ。
 日本の大学の中でもパイオニア的な取り組みであり、外国人との共生への具体的な成果が期待できそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 過去の誤りを認めさせるために=サンパウロ市在住 奥原マリオ純(原文ポ語)2018年3月8日 過去の誤りを認めさせるために=サンパウロ市在住 奥原マリオ純(原文ポ語)  本年はブラジルへの日本移民110周年であり、そしてまた世界人権宣言が採択されてから70年の記念の年であります。国際連合は、第2次世界大戦でなされた残虐な行為に鑑みて、1948年12月10日に人権条約の基礎となる宣言を採択しました。  数多くの日系アメリカ人や日系カナ […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 大耳小耳2017年10月24日 大耳小耳  ニッケイ新聞の「日本文化」シリーズの電子書籍がe-galaxiaから出版された。ポ語のみ、各巻14・90レアル。詳細はe-galaxiaの日本文化ページ(http://urx2.nu/GClY)へ。また、インターネット通販サイトAmazonでも『Amazonia 日本人移住八 […]