ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2008年5月27日付け

 読者のみなさんは、どのくらいケータイ電話を所持していて、しかも日常活用しているだろうか。持っている人は、ムスメ、ムスコとの連絡用というのが大半だろう。 ケータイ電話はこうして使えば活きる―の一つの見本。ガルボン・ブエノ街、某日の昼下がり。二十歳くらいの非日系女性が二、三人が連れ立っているところ、一人がひったくりに遭った。
 仲間がすぐケータイで、軍警に「ドロボー」と告げた。自分たちの被害場所とひったくりが逃げた方向を徹底させたに違いない。
 軍警たちの反応も早かった。通報を受けたあと、連絡し合って拘束漏れを防いだようだ。
 このひったくりの現場を目撃した日本人の高齢女性は感心した。「あのケータイの使い方の素早さはマネができない」。動作の機敏、状況を適切にポ語でグァルダに告げたことを…。(神)

image_print

こちらの記事もどうぞ