ホーム | 日系社会ニュース | パリでデカセギが謎の死=日本行き2度乗れず警察へ=錯綜する情報、不信がる遺族

パリでデカセギが謎の死=日本行き2度乗れず警察へ=錯綜する情報、不信がる遺族

ニッケイ新聞 2008年9月4日付け

 デカセギのため、フランス経由で日本に向かった日系ブラジル人のオスカル・コダマさん(28、パラナ州マリンガ出身)が、乗り換え先のパリ市内の病院に搬送され、まもなく地元警察により死亡が確認される事件があった。四日、ブラジルメディアがその不思議な死亡経緯について、一斉に報じた。
 報道によれば、コダマさんは先月二十九日、パラナ州のロンドリーナ空港からグアルーリョス空港へ向かい、同日TAM機でパリへ。三十日午後三時ごろにパリの国際空港に到着、同日夜のANA便に搭乗したが、離陸間際に何回か吐くなど気分が悪くなり、機長の指示を受けて、搭乗を見送ったとされる。
 コダマさんは空港内の救急診療所で一夜を過ごし、翌日、再度日本行きの飛行機に搭乗した。しかし、再び同じように気分が悪くなったことから、航空関係者は、コダマさんのその行動を、〃搭乗不適応〃として不審に思い、警察に通報した。
 一部報道では、コダマさんは警察の事情聴取を受けた後パリ市内の精神病院に搬送されたが、病院到着時にはすでにコダマさんの死亡が確認されたという。コダマさんが警察に通報された理由について、麻薬の国際的な密売人としての疑いをもたれた、との報道もある。
 コダマさんの死体解剖は、パリの警察当局によって行なわれ、死因結果の発表は一週間ほどかかる見通し。ブラジルへの遺体搬送は今後、四十日から四十五日ほどかかるという。
 死因について、一部のブラジルメディアでは、地元警察当局は、肺に血栓が詰まって死亡する肺血栓塞栓症と見ているという。しかし、コダマさんは健康上の大きな障害を抱えておらず、また、遺族のコメントから、コダマさんは副腎の腫れを抑える薬を二つ常飲していただけで、搭乗時には良好な健康状態だったはず、とする報道もある。
 この経緯について、ブラジル外務省を通じて遺族に連絡があったのは、九月二日。遺族はコダマさんの死亡原因とともに、パリの関係当局に対し、強い不信感を抱いているという。
 コダマさんはデカセギ前、営業マンとして仕事をしていた。ブラジル外務省はこの事件を現地の在パリブラジル総領事館を通して調査していく方針という。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》「日本語勉強すれば幸せになれる」多文化論2020年12月22日 《記者コラム》「日本語勉強すれば幸せになれる」多文化論  「なぜブラジルで日本語を勉強するのか?」――19日午前、オンラインで南米全伯日本語教育会議のプレ会議が行われ、50人以上が参加して日本語教育の将来を熱心に討議した。来年2月27日実施予定の本会議の予備会合という位置づけだ。  閉会式の挨拶で、主催したブラジル日本語セ […]
  • デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も2019年9月27日 デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も  「こんなことをしてくれる会社は、他に聞いたことないね」――「グルメデリカ」(本社=埼玉県所沢市)に派遣されている日系人労働者の留守家族を集めた22回目の南米懇親会が21日夜、サンパウロ市のニッケイパラセ・ホテルで開催され、そんな感想があちこちで聞かれた。グルメデリカ社 […]
  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る2019年4月2日 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る  4月30日に今上天皇が退位され、5月1日から新天皇が即位して「令和(Reiwa)」時代が始まる。  この新元号の出典は現存する日本最古の古典「万葉集」の序文にある梅の花の歌、「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」という和歌か […]
  • 飯星下議=マリリアと泉佐野市が姉妹都市に=最後の訪日、四世ビザ緩和訴え2018年12月4日 飯星下議=マリリアと泉佐野市が姉妹都市に=最後の訪日、四世ビザ緩和訴え  年度末で任期満了を迎える飯星ワルテル連邦下院議員(PSD)は先月13~18日の間、日本への最後の公式訪問を行った。マリリア市と大阪府泉佐野市との姉妹都市協定調印式に出席したほか、麻生太郎副総理や河村建夫衆議と会談し、四世ビザの要件緩和を訴えた。そのほか、日系ブラジル人 […]