ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2008年12月2日付け

 鳥取市が先月実施した四人の青年ブラジル派遣。今年六月、平井伸治県知事、竹内功鳥取市長ら母県の百周年慶祝団が来伯した際に要望したことをきっかけに実現した。移住者の数は少ないながら、第二アリアンサ〃鳥取村〃への教師派遣をはじめ、ブラジルとの交流を保ち続けている同県。今回は青年たちが郷土芸能の「しゃんしゃん傘踊り」を披露したが、来年八月には、四十五回目を迎える鳥取市の「しゃんしゃん祭り」にブラジルから踊り手たちが参加する計画とか。
     ◎ 
 駐在企業の社長を中心に活動を続けている油絵同好会マリンクラブ。篠又幸市郎代表が役員を務めた東京海上火災の本館(東京・丸の内)にある「トウキョウマリンニチドウギャラリー」で〇〇年、十八人が参加、日本で初の展示会を開いたことから命名された。〇三年にはブラジルで行い、来年四月には東京在住のOBらが世田谷美術館で開催予定。ブラジル側にも出品を要請しており、メンバーらは、「早いクリスマスプレゼント」と日伯交流を喜んでいる。
     ◎ 
 約八百人の派遣社員が削減された広島のマツダ工場。先月末の段階で再就職が確認されたのは、約一割だという。中国新聞が報じた。労働局は「好況の業種がなく厳しい状況」と指摘。派遣元やマツダに再就職への支援を要請しているという。約一割のなかにデカセギがどれだけいるかは分からないが…。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》「日本語勉強すれば幸せになれる」多文化論2020年12月22日 《記者コラム》「日本語勉強すれば幸せになれる」多文化論  「なぜブラジルで日本語を勉強するのか?」――19日午前、オンラインで南米全伯日本語教育会議のプレ会議が行われ、50人以上が参加して日本語教育の将来を熱心に討議した。来年2月27日実施予定の本会議の予備会合という位置づけだ。  閉会式の挨拶で、主催したブラジル日本語セ […]
  • デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も2019年9月27日 デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も  「こんなことをしてくれる会社は、他に聞いたことないね」――「グルメデリカ」(本社=埼玉県所沢市)に派遣されている日系人労働者の留守家族を集めた22回目の南米懇親会が21日夜、サンパウロ市のニッケイパラセ・ホテルで開催され、そんな感想があちこちで聞かれた。グルメデリカ社 […]
  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る2019年4月2日 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る  4月30日に今上天皇が退位され、5月1日から新天皇が即位して「令和(Reiwa)」時代が始まる。  この新元号の出典は現存する日本最古の古典「万葉集」の序文にある梅の花の歌、「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」という和歌か […]
  • 飯星下議=マリリアと泉佐野市が姉妹都市に=最後の訪日、四世ビザ緩和訴え2018年12月4日 飯星下議=マリリアと泉佐野市が姉妹都市に=最後の訪日、四世ビザ緩和訴え  年度末で任期満了を迎える飯星ワルテル連邦下院議員(PSD)は先月13~18日の間、日本への最後の公式訪問を行った。マリリア市と大阪府泉佐野市との姉妹都市協定調印式に出席したほか、麻生太郎副総理や河村建夫衆議と会談し、四世ビザの要件緩和を訴えた。そのほか、日系ブラジル人 […]