ホーム | 日系社会ニュース | アマゾンの正しい姿伝える=東京=百周年締めくくる「アマゾニア展」=世界7カ国で50万人来場

アマゾンの正しい姿伝える=東京=百周年締めくくる「アマゾニア展」=世界7カ国で50万人来場

ニッケイ新聞 2008年12月9日付け

 【東京支社長=藤崎康夫】東京お台場の日本科学未来館で、十一月七日から明年一月十二日までアマゾニア展「生命の森、アマゾンの危機と未来」が開催されている。同展は二〇〇二年にブラジルで始まり、以降フランス、イギリス、アメリカなど七カ国の都市を巡回し、延べ五十万人以上を動員し、日伯交流年の本年は日本で開催されており、ブラジル日本移民百周年と日伯交流年を締めくくるのにふさわしいイベントとして注目されている。
 主催はブラジル企業の「ファーレ・アルテ」。主催者のアンナ代表は「この展示会は五百ほどのNPOの協力とブラジルの様々な研究団体、企業の調査による最新情報の提供により、構成された展示会です」と語る。
 この展示会が日本で実現できたのは、在日ブラジル大使館、日本科学未来館、そしてスポンサーの協力によるものである、と述べ「最近、よくアマゾンを国際化する必要があるといわれますが、私たちの考えはその逆で、世界をアマゾナス化していきたいと思っています」と語った。
 在日ブラジル公使ジョアン・バチスタ・ラブリタ・ボ公使も「日本・ブラジル交流年の祝賀の一環として、東京においてアマゾン展が開かれることを嬉しく思います」とあいさつ。
 続いて、「ブラジル領アマゾンの今日のリアルな姿を展示し、同地域に関する意識の向上を目指す展示会です。この広大な地域は、極めて大きな可能性と困難な課題を内包すると同時に、この地域に関する知識は極めて乏しいものです。この展示会は、必ずや日本の皆様にアマゾン地域の正確な情報を提供すると同時に在日ブラジル人にとって、わが国にある人類の遺産、自然遺産に関する知識を掴める機会になるでしょう」と語った。
 同展示会の開催について日本科学未来館小中元秀副館長は「ブラジル日本移民が始まって百周年を記念してこのような展示会を開催できますことをとても光栄に思います。このアマゾン展が警鐘を鳴らしていますテーマ、地球温暖化をはじめとするグローバルな地球環境問題は、今や全人類にとって最も重要な問題となっています」と、この展示会の意義の大きさを語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(34)2013年10月30日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(34) ニッケイ新聞 2013年10月30日 「ええ、それから数年後、あのビラ・アマゾニアの日本人無縁墓地に対岸から供養され、その最中、河に入水して消息を絶たれたのです」 「ええっ、どうしてそんな事に?」 「謎と云うしかありません。遺体も見つからないままです」 […]
  • 大耳小耳2010年7月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2010年7月16日付け […]
  • コラム オーリャ!2010年1月6日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2010年1月6日付け  06年の地デジ放送日伯方式採用に象徴される経済交流、08年の移民百周年と昨年のアマゾン移民80周年など、この数年間の様々な出来事とともに日伯関係は大きな変化の渦中にある。 […]