ホーム | 日系社会ニュース | 文協=今年は評議員・理事会選挙=新会長誕生は4月末=評議員は50人が再任=会費未納者は投票権なし=事務局「早めの完納を」

文協=今年は評議員・理事会選挙=新会長誕生は4月末=評議員は50人が再任=会費未納者は投票権なし=事務局「早めの完納を」

ニッケイ新聞 2009年1月9日付け

 コロニアの耳目を集める文協最大の〃イベント〃である役員選挙が今年行われる。三期六年務めた上原幸啓会長が今期での引退を宣言していることから、すでに水面下では次期会長候補擁立の動きが広がり始めているようだ。四月末に予定されている理事会選挙までの流れを追った。
 理事会選挙の投票権を持つのは、二〇〇六年の選挙により発足した評議員会(渡部和夫会長)の百六人(四年任期五十人、二年任期五十人、永年評議員六人)。
 三月二十八日に予定されている定期総会における会員直接選挙で、二年任期の五十評議員が改選される。
 この評議員選挙の投票権があるのは、現在登録されている二千五百人弱の文協会員。総会十五日前までに、〇八年度の会費を完納していることが条件となるから注意が必要だ。
 その後、四月末日(最終土曜日の二十五日を予定)までに評議員会が開かれ、理事会を選任することになる。
 立候補するには、会長、七副会長、専任・会計理事の十人の候補者連記名簿(シャッパ)を選挙十日前までに提出する必要がある。被選挙者は入会一年を過ぎていることが条件。
 つまり、理事会への立候補予定者がどれだけ支援者を評議員会に送り込むかがポイントとなる。
 四年任期の評議員には、現執行部側のメンバーが多くおり、新たな候補者が選挙で戦うのは非常に厳しい状況といえるのが現状だ。

三つ巴の前回選挙=あの候補者たちは…

 上原現会長、評議員選挙で最多得票を得た高木ラウル氏、元文協副会長だった小川彰夫氏の三つ巴の戦いとなった前回〇六年の文協会長選挙。わずか一票の差で決戦投票へと持ち越さず、接戦となったことは記憶に新しい。
 評議員選挙への投票呼びかけや地方団体の取り込み、シャッパを公表する記者会見を開くなどの活動を見せた小川氏は今回の選挙に関して、「まあ、ちょっとやってみようかなと思っています」と事実上の出馬宣言をしている。
 前回の選挙で三十七票を取った高木氏は、「まあ…どうかなあ」と苦笑いし、言葉を濁す。だが選挙への影響力は強いと見られ、出馬はしないまでもその動きが注目されている。
 現執行部が誰を擁立してくるのか―。
 第一副会長の山下ジョルジ氏、第四会長で「希望の家」の会長、木多喜八郎氏、第三副会長で日本カントリークラブの会長を今期で辞任すると見られる栢野定雄氏、第五副会長の重田エルゾ氏らの名前が挙がっているようだ。
 会計専任理事でレアル銀行の日系社会担当でコロニア団体に影響力の強い清水オリジオ氏の動向も見逃せない。
 評議員会長である渡部氏の思惑が選挙の空気を支配すると見られるが、文協改革のまとめとして渡部会長の誕生を期待する声も依然ある。
 百周年を終え、コロニア新世紀の牽引役となる文協会長の役目は重いだけに期待が高まるところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰2020年9月28日 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰  ブラジルへの日本人移住112周年を記念する「移民の日特別号」の発行をお慶び申し上げます。  日本とブラジルの緊密な友好関係の重要な礎となっているのが、ブラジルにおける日系社会という特別な人的な絆です。日本人移住者及び日系人の皆様は、移住後に大変なご苦労を経験されまし […]
  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]