ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | バチスチ亡命容認=伯伊外交問題に発展=G8招待からルーラを外すか

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2013年7月31日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年7月2日  ダッタフォーリャの調査によると、ハダジサンパウロ市市長とアウキミンサンパウロ州知事の支持率がどちらも下がったが、「悪い/最悪」との評価が40%にまで至ったハダジ氏とは対照的に、アウキミン氏の否定的評価は20%にとどまった。さらに来年10月のサ […]
  • コラム 樹海2013年5月24日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年5月24日  1982年のある晩11時、黒革の手袋をはめた神経質そうな男がサンパウロ市南部の酒場に一人でやってきて、ウイスキーならぬ「レイチ(牛乳)をくれ」とガルソンに注文した。犯罪者を狙った連続殺人事件が巷の話題をさらっていた時期だ▼その男は目の前に置 […]
  • 東西南北2013年2月1日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年2月1日付け […]
  • サンパウロ市民の9割が安全性に疑問=市外への転出希望56%=警察を信頼は60%保つ=診察や検査待つ人66万2013年1月19日 サンパウロ市民の9割が安全性に疑問=市外への転出希望56%=警察を信頼は60%保つ=診察や検査待つ人66万 ニッケイ新聞 2013年1月19日付け  ブラジル世論調査・統計機関(Ibope)が行った〃ノッサ・サンパウロ〃の調査によると、サンパウロ市民の91%が安全性に不安を感じており、転出希望者も56%いると18日付エスタード紙が報じた。 […]
  • SA市長暗殺事件=被告3人に懲役刑下る=陪審員が検察の主張認める=主犯ソンブラの裁判に影響2012年5月12日 SA市長暗殺事件=被告3人に懲役刑下る=陪審員が検察の主張認める=主犯ソンブラの裁判に影響 ニッケイ新聞 2012年5月12日付け  2002年1月に起きたセウソ・ダニエル・サントアンドレ市長(労働者党:PT)の誘拐殺人事件に関与した3人の被告の陪審裁判が10日に行われ、18〜24年の判決が下された。11日付伯字紙が報じている。 […]