ホーム | 日系社会ニュース | 外国人労働者は48万6千人=全体の2割はブラジル国籍

外国人労働者は48万6千人=全体の2割はブラジル国籍

ニッケイ新聞 2009年1月17日付け

 【共同】厚生労働省が十六日発表した外国人雇用状況によると、企業などに雇われて働く外国人労働者は昨年十月末時点で四八万六三九八人だった。調査方法が変わったため、前回調査(二〇〇六年六月時点)の約二二万三〇〇〇人の約二・二倍に急増した。
 外国人労働者の届け出はこれまで任意だったが、〇七年十月の改正雇用対策法の施行に伴い、雇ったり離職の際の届け出が企業に義務付けられたことで、人数が増えた。
 産業別では製造業が三九・六%と最も多く、サービス業が一九・七%、飲食店・宿泊業が一〇・四%。また派遣、請負会社で働く外国人は全体の三三・六%と、三分の一を占めた。不況で製造業の派遣社員の失業が相次いでおり、不安定雇用が多いことを裏付けた。
 国籍別では中国が全体の四三・三%と最も多い。ブラジルが二〇・四%、フィリピンが八・三%と続いた。
 都道府県別でみると、東京が一一万八四八八人と最も多く、愛知の六万三二六人が続いた。三位は静岡、四位は神奈川だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民111周年記念行事=サンパウロ州各地で慰霊祭、芸能祭2019年6月12日 日本移民111周年記念行事=サンパウロ州各地で慰霊祭、芸能祭  来週に迫った111回目の「日本移民の日」。眞子さまをお迎えして盛り上がった昨年の記念行事に続き、今年もサンパウロ州各地で様々な恒例行事が開催される。  昨年の仏連「開拓先亡者追悼大法要」では通常300人程度のところ、文協大講堂が満員となる1千人以上がつめかけたのは記憶に新し […]
  • 国際交流基金「リオから東京へ」=五輪向けの大型文化事業=美術展、映画祭、コンサート2016年6月17日 国際交流基金「リオから東京へ」=五輪向けの大型文化事業=美術展、映画祭、コンサート  【東京支社発】リオ五輪を盛り上げるために7月から8月にかけて、リオ・デ・ジャネイロ市で美術展や映画上映、コンサートなどの記念イベントを開催すると、国際交流基金は16日に東京の同本部で記者懇談会を開いて発表した。前回の東京五輪時代(1964年)前後に活躍したアーティストの作品を […]
  • PIPAが紡ぐ日伯五輪の輪=リオ―東京で芸術作品を展示2016年8月19日 PIPAが紡ぐ日伯五輪の輪=リオ―東京で芸術作品を展示  2020年夏季五輪東京大会の周知などを目的に、リオ五輪に合わせ東京都などが当国で文化事業を展開している。その一つである「TURNプロジェクト」は、日本の芸術家と当地の福祉施設の入居者が共同で作品を制作し、リオと東京で展示会を行なうというものだ。 選ばれた施設は憩の園、こどもの […]
  • 文協=先駆者慰霊ミサで幕開け=日本人移民108周年行事2016年6月11日 文協=先駆者慰霊ミサで幕開け=日本人移民108周年行事  ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)は日本移民108周年を記念し、今年も移民の日前後に各種行事を行なう。詳細は次の通り。 18日午前8時より『先駆者慰霊ミサ』、サンゴンサーロ教会(Praça Dr. João Mendes, 108 […]
  • 文協=先駆者慰霊ミサ皮切りに=日本人移民108周年行事2016年6月14日 文協=先駆者慰霊ミサ皮切りに=日本人移民108周年行事  ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)は日本移民108周年を記念し、今年も移民の日前後に各種行事を行なう。詳細は次の通り。 18日午前8時より『先駆者慰霊ミサ』、サンゴンサーロ教会(Praça Dr. João Mendes, 108, […]