ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2009年2月18日付け

 沖縄系二団体の統合が大詰めを迎えている。
 新組織を立ち上げる合併の路線から、二つの団体を残しつつ活動を共通化する統合の道を選んだ両団体。三年が経ち、ようやく共通メンバーの執行部を選出するところまでたどり着いた。
 両団体が分離してから三十余年。今年の総会で会長が、「先輩たちが立派な会とセンターを残してくれた」と話していたように、二つの組織を残した背景には、事務的な手続きというだけでなく、先人への敬意もあっただろう。
 そうした祖先を敬う気持ちは、百年、二百年前の三線が今も大切に保管されている、といったことにも表れているように思う。
 執行部選出のハードルは越えたが、定款、運営方法等々、解決すべき課題はなお多い。「これからの二年が大切」と会長が言うように、これからだろう。(ま)

image_print

こちらの記事もどうぞ