ホーム | 日系社会ニュース | 椰子樹=101年目は新機軸で=編集交代し、年4回に=「ブラジル短歌賞」を創設、募集

椰子樹=101年目は新機軸で=編集交代し、年4回に=「ブラジル短歌賞」を創設、募集

ニッケイ新聞 2009年3月25日付け

 昨年創立七十周年を迎えたコロニア唯一の短歌専門誌『椰子樹』(上妻博彦代表)では、移民百一年を機に、いくつかの刷新を図っている。
 まず、今まで十年間に渡って多田邦治さんが担ってきた編集は、梅崎嘉明さん、上妻代表、藤田朝日子さんの三人で進めていくことになった。
 梅崎さんは「企画を入れ替え、表紙の取り替え、老人向けに活字を大きく組んでいる」と精力的な方針を示す一方で、「八十六の齢で根をつめると動悸がしたり、めまいがするので、あまり無理が利きません」とも。
 一九六四年から年六回発行されていたが、以前の四回に戻した。「その分、よく推敲されて、締切日までに必ず届くように」と、三百四十号のあとがきにはある。
 従来の内容に加えて「コロニアの秀句」欄を作るなど、新機軸を次々に打ち出すという。
 その一環で、昨年まで四十一回も行われた岩波菊治短歌賞は終了し、代わるものとして「ブラジル短歌賞」を今年から創設し、以下のように作品募集を始めた。
 【応募資格】「椰子樹」会員以外も応募可能で、広く全伯の短歌愛好者の参加を期待。
 【作品】自作未発表二十首。
 【書式】できるだけ原稿用紙を用い、楷書で縦書き。原稿には「ブラジル短歌賞」と明記し、題、作者名、住所を記す。
 【応募料】十五レアル。シェッキ・ノミナル(Reiko Abe)とし、作品に同封。
 【締め切り】五月三十一日。
 【送付先】Reiko Abe Av. do Imigrante Japones, 347 Sao Paulo ? SP CEP:05519-030 TEL=011・3507・3896 
 【選考会】七月十二日。
 【選考委員】上妻博彦、多田邦治、渡辺光、高橋暎子、高橋よしみ、多田恵子、小笠原富江。
 なお、第六十一回全伯短歌大会の歌稿募集も、以下の要領で始まった。
 【応募資格】どこからでも誰でも自由に投稿可。
 【作品】未発表、自作のものを二首。
 【書式】できるだけ原稿用紙で、楷書、縦書き。原稿には「短歌大会用」と明記、作者名、住所を記す。
 【応募料】二十レアル。シェッキ・ノミナル(Misako Koike)とし、作品に同封。
 【締め切り】六月十日。
 【送付先】Misako Koike Av. Padre Vicente Melillo, 1596 Jd. Oriental Osasco – SP CEP:06036-003

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰2020年9月28日 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰  ブラジルへの日本人移住112周年を記念する「移民の日特別号」の発行をお慶び申し上げます。  日本とブラジルの緊密な友好関係の重要な礎となっているのが、ブラジルにおける日系社会という特別な人的な絆です。日本人移住者及び日系人の皆様は、移住後に大変なご苦労を経験されまし […]
  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]