ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2009年5月6日付け

 移民五十周年を記念して取り組まれたブラジル日系人実態調査(鈴木悌一委員長)の報告書を見て驚いた。頁を繰りながら「必要な情報は半世紀前からすでにあった」という想いに浸った。この内容が学術界に留まらず、もっと日系社会の振興に活かされていたら、どうなっていただろう▼のべ六千人を超える調査員が手弁当で、全伯すべての日系世帯を面接調査してまわったというのは、すごいのひと言だ。五十一年前のコロニアの底力と、意欲の強さをまざまざと感じる。日系人口四十三万百三十五人という数字をはじき出したのみならず、当時の生活や文化の有様を深くえぐる調査だ▼例えば、家長が子供に話しかける言葉が日本語の家庭が、農村部では六〇%も保たれていたが、市街地では四五%になっており、都市の方が雑婚率も高い。半世紀前の時点で、すでに都市生活者ほど同化傾向が高いことを如実に示している。この数字を見て、やはり日本文化の継承は、地方が率先しなければという思いを強くした▼邦字紙読者が全体の三二%もおり、中でも一世に限れば六〇%になったという数字も驚異だが、ブラジル生まれの世代でも四六%が読んでいたというのは、すごい時代だった▼それにしても残念なのは、今回の百周年で実態調査が行われなかったことだ。おそらく最後の機会だった。百周年協会の中に吉岡黎明氏がトップになって委員会までつくられたが、今年になって断念されたと公表されている。その日だけの祭典に数百万レアルをつぎ込む金はあっても、実態調査をできる範囲で実行するという堅実さにかけた点が、返す返す悔やまれる。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]