ホーム | 日系社会ニュース | トメアスー70年史=編纂10年の労作

トメアスー70年史=編纂10年の労作

ニッケイ新聞 2009年5月23日付け

 アマゾンにおける日本人移住の嚆矢であるトメアスー移住地の歴史をまとめた『アマゾンの自然と調和して トメアスー開拓70周年記念誌』(トメアスー文化農業振興協会編纂、250部)が今年2月に発行された。282頁。
 70周年で実施された記念事業の写真、1929年の入植から戦後移住までの歴史を追った「トメアスー植民地沿革史」、組合や文協の活動を事業報告書から読む「日系団体の軌跡」、日本語教育やアマゾニア十字路の病院の足跡に触れる「教育と保健衛生」、婦人部や俳句、野球、相撲など「婦人会活動と文化・スポーツ」のほか、「寄稿文」「史料」、家族写真が掲載されている「名刺・広告」の7編に分かれている。
 同誌編纂委員であり、今年9月に行なわれる80周年祭典の海谷英雄実行委員長は、「80周年の年に、70周年誌出版とは恥ずかしい限り。関係者の皆さんにもご迷惑をかけたことをお詫びしたい」としながらも、「トメアスーの歴史を知る1冊になれば」と話している。
 希望者には70レアルで販売している。問い合わせは同文協(91・3276・7953/8442)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ