ホーム | 日系社会ニュース | 寄稿=「川田作品」連載を喜ぶ=ソール・ナッセンテ人材銀行代表=赤嶺尚由

寄稿=「川田作品」連載を喜ぶ=ソール・ナッセンテ人材銀行代表=赤嶺尚由

ニッケイ新聞 2009年8月5日付け

 実は、ニッケイ新聞の七面に第九回私の物語 日本自分史大賞を受賞したという片道切符「奥アマゾン」の第一回目が登場した去る七月二十五日の本紙を手にした時、ある種の驚きを覚えた。
 先ず、これまで当地の邦字新聞でかってなかった前代未聞だとさえ考えられるが、作品の掲載場所が新聞の毎日の顔とも言うべき社会面だったことだ。私は、そのことに、新聞社側のこの作品に掛ける並々ならぬ期待と自信の程を同時に感じ取った。
 言わずもがなの事だが、掲載場所が社会面だということになれば、連載の途中によく起こりがちな「本日は都合で休載します」という、読者にとって実に腹立たしい予期せぬ出来事をより避けて通ってくれそうだからである。「休載なんかしません」と、先に足枷を嵌めてしまっているようにも見える。
 これまで読ませて貰った初回から今までの作品の内容も、正直なところ、一読者である私の期待を遥かに上回る程の出来映えだった。
 ブラジル移民の手になる創作、なかんずく、より優れた生活と自分史の類(たぐい)は、極論すれば、ちょうど今年、八十年の重要な節目を迎えるアマゾン地域への移民の手で生み出されているケースが一段と多いような気がしてならない。
 アマゾン移民の大変なご苦労がこういう実録風の傑作を数多く産み落とさせるのかも知れない。今からちょうど十年前の一九九九年に、やはり本紙に連載されて大好評を博した故小野正さんの「アマゾン移民 少年の追憶」も、多くの読者の共感を誘った。
 川田敏之さんの作品は、連載がまだほんの始まったばかりだが、情景や人物を描写する的確な文体を無類の記憶力と細やかな観察眼とでしっかり支えている。文章の行間からその誠実な人柄もたっぷりと伝わってきている。
 私は、創作品に於いては、すべからくユーモアの精神が欠かせない大事な生命線の一つではないかと思う。
 アマゾン移民が筆舌に尽くし難い程の辛酸を舐めさせられたこと、そういった事実が今までに報道機関を中心に数多く伝えられてきているだけに、川田さんの片道切符「奥アマゾン」という今回の作品の中にいち早く漂うユーモアの精神をとても好ましく思っている。
 巧まざるユーモアを絶えず湛えているだけに、移民の苦労も悲惨さも更に印象深くなる。
 べレンから入植先のアクレに向かう六百トンばかりの蒸気船クヤバ号の退屈な船上生活で、現地の綺麗なモッサたちとの交流を重ね、彼女たちの上から下までを鳩胸だの出尻だの蜂腰だのと大変具体的に描いている。
 又、このモッサらを眺めていては、ブラジルの開拓は、女の開拓からだ、と当時二九歳の川田青年が欣喜雀躍しながら張り切り、大和魂に鉢巻をしめて頑張るぞと、意気込んだという箇所に至っては思わず噴出してしまった。
 最近のニッケイ新聞社には、紙面の作り方にヤル気が横溢している。移民百周年後の邦字新聞の新しい方向性さえ垣間見えるような想いがしてならない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 大耳小耳2017年5月26日 大耳小耳  サンリオ・ド・ブラジル社が26~29日までサンパウロ市のエキスポ・センター・ノルテ(Rua Jose Bernardo Pinto, 333, Vila […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • 外国人勲章にM・ソウザ氏=「モニカ」も伝達式に登場2013年12月24日 外国人勲章にM・ソウザ氏=「モニカ」も伝達式に登場 ニッケイ新聞 2013年12月24日 写真=ソウザ氏(中央)とその左が妻の竹田恵子アリッセさん […]