ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 新油田開発要綱=マンモス岩塩層下公団誕生か=増資金捻出で奔走=野党は選挙宣伝と軽視=成るかブラジルのロマン

こちらの記事もどうぞ

  • ペトロブラスが新段階に=ガソリン値上げで収益改善=今後は岩塩層下に投資集中2013年11月30日 ペトロブラスが新段階に=ガソリン値上げで収益改善=今後は岩塩層下に投資集中 ニッケイ新聞 2013年11月5日  数年来、ジウマ政権の政策によりガソリン価格を凍結させられてきたペトロブラスは先月30日、大統領からようやく年数度の値上げを認められ、新しい段階に入ったと同日付G1サイト、2日付エスタード紙などが報じた。 […]
  • 負債減らせと異例の要請=ペトロブラスの監査委員会=気になる生産性の低下2014年3月22日 負債減らせと異例の要請=ペトロブラスの監査委員会=気になる生産性の低下 ニッケイ新聞 2014年3月18日 ブラジル最大の石油採掘会社ペトロブラスで、会計監査委員会が経営審議委員会に負債を減らすよう要請するという異例の事態が起きたと15日付エスタード紙が報じた。 11日付本頁でも報じたように、米国の経済通信社ブルームバーグの最新データによると、ペ […]
  • 雲行き怪しい?プレサル開発=外国企業は投資に慎重=ペトロブラスは借金膨張2014年1月10日 雲行き怪しい?プレサル開発=外国企業は投資に慎重=ペトロブラスは借金膨張 ニッケイ新聞 2014年1月10日 ブラジル沖合で大規模な岩塩層下油田(プレサル)が発見された2007年、政府関係者はエネルギー産業部門で世界有数の重要国家になると豪語した。6年後の現在、ペトロブラスは多額の借金を抱え、外国企業は投資に足踏みという状態で、当地の石油産業は国の […]
  • 2010年1月30日 日伯論談=テーマ「日伯経済交流」=川上オズワルド=在日ブラジル商業会議所会頭=伯日は世紀のパートナー 2010年1月30日付け  一昨年、我々はブラジル日本移民百周年記念を祝ったが、両国の通商交流はパリで「日伯修好通商航海条約」が調印された1895年に遡る。それ以降、500社以上の日本企業がブラジルに進出、先進技術や新たな工業化概念を持ち込み、ブラジルに大きな工業をもたら […]
  • コラム 樹海2013年10月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年10月22日  物々しく軍隊が警備する中、岩塩層下油田初の採掘権入札が21日に行われた。ジウマ政権がインフレ抑制のために、ペトロブラス(PB)に犠牲を強いていることも、入札を強行した背景にはあるようだ▼ブラジル内で産出される原油は質に問題があって輸出に回 […]