ホーム | 連載 | 2009年 | アマゾンを拓く=移住80年今昔=【ベレン・トメアスー編】 | アマゾンを拓く=移住80年今昔=【ベレン・トメアスー編】=《10》=若者たちが〃中興の祖〃=毎週値段上がるピメンタ

アマゾンを拓く=移住80年今昔=【ベレン・トメアスー編】=《10》=若者たちが〃中興の祖〃=毎週値段上がるピメンタ

ニッケイ新聞 2009年9月5日付け

 植民者全員の希望を載せたウニベルサル号が、静かに波止場を出航した――。この瞬間、トメアスーにとっての戦争は終わった。
 人事を尽くした結果、「普遍」の名を冠した〃箱船〃が次なる天命を運んできたのだ。
 沢田哲さんは、こう説明する。「最初ね、波止場を出て川の曲がり角(一キロぐらい)までいって、こりゃマズイって一端戻り、バテロン(大型のカノア)つけて再出発した。本体だけじゃ安定しないから急きょ片側にバテロンを付けたんですよ」。沈みこそしなかったが案の定、安定航行にはほど遠いものだった。
 「命がけでした。ほんと無茶なことをやったもんだと思いますよ。自動車のエンジンを乗っけて安定が悪くて、変速機が熱もってシャフトが溶けちゃうんですよ。壊れてね、触れないくらいになる。それで予備に変えたりしてね」。十七回も故障し、あちこちで停留。直し直し、やっとベレン港まで辿り着いた。
 しかし、これで州政府によって押さえられていたベレンまでの搬出ルートが、植民者自身の手によって再び確保された。
 組合に改革提案を出し、体当たりで数々の実績を積み重ねてきた農民同志会の若者たちの中から戸田子郎さん、関勝四郎さんらがまず組合に入っていった。最終的に組合公認の見通しがたったところで、「同志会は役割を終えた」として発展的に解散、四九年に組合が正式公認された。
 現在、組合員番号は約七百五十番まであるが、沢田さんは三十八番。ちなみに三十七番は指導者として有名な平賀練吉さんだ。
 四七年三月からウニベルサル号での出荷が始まり、それと共にピメンタの黄金期が訪れる。かつての「マラリア植民地」が、「模範植民地」に変貌する時がついにきた。
 戦時中に東南アジアが戦火に焼かれ、胡椒の生産が激減したことから市価が一気に上がり、戦時中にキロ三十ミルを越え、終戦直後の四六年には八十五ミルに高騰した。一気にブームとなり、起死回生の永年作物に変わった。
 「一葉落ちて天下の秋を知る」と俗にいうが、トメアスーでは「胡椒一粒落ちて~」のようだ。ベレンでピメンタの交渉役を任じていた沢田さんは、胡椒需要の急増をまっさきに現場で肌に感じた一人だった。
 「ウニベルサル号で運んだピメンタを私も販売した。四十トンとか最初はわずかだった。でもアルナルドという人がセアラの方から買いに来ていて、何トンも持ってきてくれないかという。戸田さんと話して何百も運んだ」と振り返る。
 「持ってきても持ってきても、次々に欲しい欲しいって言ってくるから、毎週値段上げたんですよ」と思いだすだけで笑みが自然にこぼれる。
 「毎週トメアスーに帰ると、組合では真っ先に『今回はいくらしたか』って聞いてくるんですよ。いくらでも売れたから、調子に乗ってどんどんつり上げた」と沢田さんは当時の様子を語る。
 長年、組合に務めた角田修司さんも、「トメアスーは指導者に恵まれていた。常に組合主義が基本になっている」と語り、「沢田さんらが中心になったアカラ農民同志会はCAMTA(組合)の〃中興の祖〃です」と高く評価した。
 『トメアスー組合公認六十年史』を編纂した下小薗昭仁さんは、「戦前からの組合の議事録を読み返しましたが、激論になったときでもきちんと賛否両論、誰が言ったかまで書き残している。例え議論が分かれても、どちらの側にも強烈な組合精神が貫かれている。あれを読んだら感動しますよ」とのべ、多くの紆余曲折を越えて前進してきた組合の内実を説明する。
 入植者の大半が脱耕する悲劇を越えて同地でふんばった若者たちは、植民地を主導して改革を成し遂げ、黄金期への道を〃開拓〃した。(続く、深沢正雪記者)

写真=トメアスー組合のピメンタ倉庫の中。天井近くまで六十キロ入りの袋が山積みになっている

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • ニッケイ俳壇(882)=星野瞳 選2016年4月1日 ニッケイ俳壇(882)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎アララ飛び花野の虹は濃かりけり向ふ岸鹿現れてこちら見る風鈴の尾の力抜け酷暑来る差し向けし灯に目を剥いて枝の木莬滝くぐり来て中空に囀れる【明治の偉人・正岡子規がそれまで日本にあった俳句や短歌を写生であるべきだと改革した。その俳句を佐藤念 […]
  • 『パモンニャ(パモーニャ)』はトウモロコシを牛乳やココナッツミルクで溶いて団子にし、茹でてトウモロコシの皮で包んだブラジルの伝統料理2015年5月13日 ニッケイ俳壇(837)=富重久子 選    サンパウロ         広田 ユキ  四月馬鹿不老長寿てふ薬飲む【「四月馬鹿」は元々欧米の習慣で、四月一日の午前中に軽い嘘をついて人を騙しても許されると言うこと、又騙された人を言う。しかしその風習も最近は余り聞かないようになった。 この句の様に、私共後期高齢者に […]
  • 三重県知事 鈴木英敬2015年1月8日 新年のごあいさつ=三重県知事 鈴木英敬  新年明けましておめでとうございます。 ニッケイ新聞の読者の皆さま、ならびにブラジルに在住される皆様におかれましては、健やかに新年をお迎えのこととお慶び申しあげます。 私は、三重県とサンパウロ州が姉妹提携を結んで40周年を迎えた2013年8月に初めてブラジルを訪 […]
  • 環境対策と税制の調和を=首都セミナーで矛盾指摘2013年11月30日 環境対策と税制の調和を=首都セミナーで矛盾指摘 ニッケイ新聞 2013年11月2日  先月29日にブラジリアで行われたセミナー「税政と持続可能性—新しい経済へのプラットフォーム」では、ブラジルでは森林破壊が減少しているが、二酸化炭素の排出量は必ずしも減っていないと発表された。先月29日付バンデニュースTVサイトが報じた。 […]