ホーム | 日系社会ニュース | 松柏・大志万=季節の食べ物楽しんで=13日に「四季祭り」

松柏・大志万=季節の食べ物楽しんで=13日に「四季祭り」

ニッケイ新聞 2009年9月11日付け

 松柏大志万アソシエーション主催の「第十回四季祭り―FESTIVAL QUATRO ESTACOES」が十三日午前十時から午後五時まで、ビラ・マリアーナ区の松柏・大志万学院(Rua Ferdinando Galiani, 80)で開かれる。入場料三レアル。駐車場の割引もある。
 同学園の生徒やOB、父兄、同協会の賛同者の協力で、日本の四季をイメージした手作りの料理を振舞う。春は手巻き寿司やちらし寿司、夏はお好み焼き、秋はヤキソバ、冬はおもちやうどん。全ての料理を楽しんでもらえるよう、一食分の分量を抑えて値段を低めに設定しているという。
 その他ビンゴやゲームも実施。また、一枚五レアルでリッファが販売され、テレビや炊飯器が抽選で当たる。
 収益はすべて松柏大志万アソシエーションの社会事業プロジェクトに活用される。案内のために九日、来社した関係者の坂口律子さんと、佐藤シンチアさんは「家族みんなで楽しめます。必ずいらしてください」と呼びかけた。
 問い合わせは同アソシエーション(電話=11・5904・2456)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ