ホーム | 日系社会ニュース | 沖縄県人会=ジアデマでこども祭り=「楽しい時間をみんなで」

沖縄県人会=ジアデマでこども祭り=「楽しい時間をみんなで」

ニッケイ新聞 2009年10月3日付け

 沖縄県人会と沖縄文化センターは「子供の日」の12日午前9時から、ジアデマ市の同センター(Av. Sete de Setembro, 1670)で「第4回こども祭り」を開く。実行委員長の呉屋春美さん、同委員の知念直義さんが案内に訪れた。
 これまではリベルダーデの県人会館で開催されてきた同祭り。今回初めて文化センターの広い敷地を利用して、一日様々な催しを企画している。
 講堂の舞台では午後2時から、子供たちによる琉球舞踊・民謡やエイサー太鼓、沖縄空手演武などの郷土芸能、日本舞踊、YOSAKOIソーラン、ストリートダンスや手品などが披露される。
 そのほか、輪投げや金魚すくい、射的などの各種ゲームを楽しめる「子供広場」。折り紙や書道、漫画などのワークショップも行なわれる。
 食事コーナーでは沖縄そばやサーターアンダギー、パステル、シュラスキーニョ、たこ焼き、やきそば、アイスクリーム、カキ氷などを販売する予定。
 「子供たちに『祭り』を感じてほしい」と話す呉屋委員長。県系子弟に対しても「親の活動を見ることで、会の活動に関心を持ってもらえたら」と期待を表わす。
 青年部もボランティアとして参加。当日は幟や提灯などの飾り付けも行ない、雰囲気を演出するという。呉屋さん、知念さんは「ぜひご家族で一日楽しんでほしい」と来場を呼びかけた。
 入場は無料だが、1キロの保存の効く食料品を持参すること。問い合わせは県人会(11・3106・8823)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「素晴らしい機会に感謝」=憩の園=在宅介護のノウハウ学ぶ=17回で修了者7百人に2008年12月2日 「素晴らしい機会に感謝」=憩の園=在宅介護のノウハウ学ぶ=17回で修了者7百人に ニッケイ新聞 2008年12月2日付け  社会福祉法人救済会(吉岡黎明会長)が実施する「老人のための在宅介護講習会~Formacao de Cuidador de […]
  • コラム オーリャ!2008年12月10日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2008年12月10日付け  広島でペルー人に女児が殺害された事件が丸三年を迎えた先月末、市内中心部にペルー人女性、ルスさんが民芸品を販売する雑貨店を開いた。 […]
  • 今週末の催し2008年12月5日 今週末の催し ニッケイ新聞 2008年12月5日付け 土曜日  第一回慈善バザー、六日午前十時半、文協ビル(R.Sao Joaquim,381)、七日も開催     □  夏の蘭展、六日午前九時、文協ビル駐車場、七日まで     □ […]
  • 伊藤園=お~いお茶新俳句大賞=文協で応募作品受付け2008年12月11日 伊藤園=お~いお茶新俳句大賞=文協で応募作品受付け ニッケイ新聞 2008年12月11日付け  第二十回伊藤園お~いお茶新俳句大賞の二〇〇九年度作品募集が十一月に始まった。ブラジルからは例年通り、ブラジル日本文化福祉協会が窓口となって作品を受け付けている。 […]
  • 交流年記念=アート展「大海を挟む隣国」=日本の作家も訪れ開会式2008年12月10日 交流年記念=アート展「大海を挟む隣国」=日本の作家も訪れ開会式 ニッケイ新聞 2008年12月10日付け  【既報関連】百周年、交流年を記念したアート展「大海を挟む隣国―日本とブラジル、百年の近接」が四日、サンパウロ市のメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナ(Av.Auro Soares de Moura […]