ホーム | 日系社会ニュース | リオ=日本語遊悠会に3百人=劇、ゲームなど楽しむ

リオ=日本語遊悠会に3百人=劇、ゲームなど楽しむ

ニッケイ新聞 2009年10月6日付け

 リオ・デ・ジャネイロ日本語教師会・在リオ日本国総領事館文化広報センター共催による「第12回日本語遊悠会」が先月19日、市内コズメベーリョのリオ日本語モデル校体育館で約300人の参加者を得て行われた。
 この催しはリオ連邦大学、同州立大学、日伯文化協会、公文日本語教室・リオ日本語モデル校など日本語教育機関が毎年持ち回りで開催しているもの。今年はリオ連邦大学が担当した。
 「日本語学習者に日本語で話す機会とその喜びを与えたい」「異なった教育機関の学習者が相互に刺激し合い、横のつながりが持てる交流の場を与えたい」をコンセプトに、市内および近隣で日本語を学ぶ学生・生徒たちが一堂に会し、日本語を使って劇・各種ゲーム・カラオケ・フォークダンス・書き方・イラストコンクールなどを通し日本語・日本文化を学んだ。
 「白雪姫」をベースにした日本語劇「白雪いじめ」など、約1年前から企画を進めてきた。開催前日には多数の学生、関係者たちが飾り付け、その他会場準備を行った。
 当日は荒川吉彦総領事、井上惣太郎リオ商工会議所会頭、鹿田明義連盟理事長、大越邦生リオ日本人学校校長など多数の来賓が出席。リオ日系太鼓グループの友情出演もあり、参加者から大きな拍手が送られていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2009年7月3日 アマゾンを拓く=移住80年今昔=【パリンチンス/ヴィラ・アマゾニア編】=《1》=武富会長「日本人の歴史残したい」=八紘会館再建への夢=9月にはジュート記念碑建立も ニッケイ新聞 2009年7月3日付け  奇祭と呼ばれるアマゾンのカーニバル「ボイ・ブンバ」で世界的に有名となったパリンチンス。六月末には多くの観光客が訪れる町だが、かつてアマゾン経済を潤したジュート(黄麻)栽培の発信地であり、その先鞭をつけたのが日本人だった。一九三〇年、 […]
  • 新機関誌で日本文化普及する日文連2016年11月23日 新機関誌で日本文化普及する日文連  アリアンサの新しい機関誌「JAPAN GO」(ポ語)。誌名は「日本語」と「日本へ行く(英語GO)」と掛け、ブラジル人スタイリストによる日本の服飾界の紹介や日本人のラーメンの食べ方、日系企業社員が語る外国語習得者の就職活動の可能性など、各分野の日本関連情報を提示する。  若者 […]
  • 日本語学習を次世代へ2016年5月20日 日本語学習を次世代へ  先日、ブラジル日本会議の懇親会を取材に行ったところ、「一世高齢化や人口減少によって、次世代にどう日本の心を繋げていくか」といった危機感がひしひしと伝わってきた。とりわけ、日本語世界は消滅しつつあると危惧している。 日本の心を学ぶには、日本語を習得することが本来であれば一番だ。 […]
  • 日本語センター=二世、立花氏が新理事長に=ブラジル学校経営者で初=板垣勝秀氏は2期で退任2016年3月29日 日本語センター=二世、立花氏が新理事長に=ブラジル学校経営者で初=板垣勝秀氏は2期で退任  ブラジル日本語センターの「第28回通常総会」が19日午後、同センターで開かれた。単一シャッパが承認され、2012年から2期4年間理事長を務めた板垣勝秀氏(68、北海道)が退任、新理事長に立花アルマンド氏(61、二世)の就任が決まり、新体制が発足した。二世理事長としては96年に […]
  • 日本語学習の効果?=躾も身に付いたロレンゾ君2016年1月30日 日本語学習の効果?=躾も身に付いたロレンゾ君  子供に早期外国語教育を施したい両親にとり、サンパウロ市は様々な選択肢のある街だ。日本語、スウェーデン語、オランダ語までも学ぶ事ができる。 サンパウロ市中央にあり、幼稚園から高校までの一貫教育を行っているサンベント校は、児童、生徒の2割が中華系であるため、外国人の生徒のためのポ […]