ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ブラジルが北朝鮮進出=食品分野で貿易拡大=映画による文化交流も

こちらの記事もどうぞ

  • パラナグア港から輸出される穀物コンテナ(Imprensa/ GEPR)2014年4月3日 貿易収支=第1四半期に61億ドルの赤字=史上最悪の記録を更新=3月は今年初の黒字計上も=一次産品頼りは変わらず ニッケイ新聞 2014年4月3日  3月の貿易収支は今年初の黒字を計上したが、第1四半期累計は、2013年第1四半期を上回る赤字となり、現行方式で統計を取り始めた1994年以来、最低の結果となったと2日付伯字紙が報じた。 1日に発表された3月の貿易収支は1億1200万ドルの黒字 […]
  • 貿易収支の悪化止まらず=石油や派生品輸入が響く=対アルゼンチンは黒字計上2014年3月8日 貿易収支の悪化止まらず=石油や派生品輸入が響く=対アルゼンチンは黒字計上 ニッケイ新聞 2014年3月8日 1月の貿易収支が大幅赤字で終わった後、2月の貿易収支も同月としては統計史上最悪の21億2千万ドル赤字で終わったため、1~2月の赤字累計も統計史上最悪の62億ドルとなったと7日付伯字紙が報じた。 2月の貿易収支は、輸入が昨年同月比7・3%増で2 […]
  • 三重県ビジネスセミナー=約20社が参加、交流会も2013年8月31日 三重県ビジネスセミナー=約20社が参加、交流会も ニッケイ新聞 2013年8月15日  三重県から鈴木英敬知事はじめ行政、経済、民間訪問団からなる「オール三重」の訪問団が16〜21日に来伯する。同期間中には各種イベントが予定されているが、その一つとして、サンパウロ市インターコンチネンタルホテルで20日午後1時半から、「ビジネス […]
  • 日本移民105周年に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 菊地 義治2013年6月29日 日本移民105周年に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 菊地 義治 ブラジル日本移民105周年 ニッケイ新聞 2013年6月15日  今を遡ること105年前の1908年(明治41年)6月18日、笠戸丸に乗った最初の日本移民781人がここブラジル国のサントス港に上陸して105年の歳月が流れました。そして、今や、ブラジル国に於ける日系社会は150万 […]
  • 東西南北2012年8月23日 東西南北 ニッケイ新聞 2012年8月23日付け […]