ホーム | 文芸 | 刊行 | 斎藤由香さんらの新著=『うつ時代を生き抜くには』

斎藤由香さんらの新著=『うつ時代を生き抜くには』

ニッケイ新聞 2010年5月4日付け

 戦前の日本移民を描いた大河小説『輝ける碧き空の下で』(日本文学大賞受賞)で有名な作家・北杜夫さんの娘で、07年3月に初来伯した斎藤由香さんが、医学博士の小倉千加子さんと共著で、このたび日本で新刊『うつ時代を生き抜くには』(フォー・ユー、2010年3月)を刊行した。
 斎藤由香さんは、祖父も有名歌人の斉藤茂吉というサラブレットだが、躁鬱病の父の後ろ姿をみて育ち「まっとうな人生を送るには会社員」と考えてサントリーに入社した。ところが血筋はあらそえず、現在は〃窓際OL〃としてエッセーを書き、物書きとしての頭角をあらわしている。現在は系列の広告代理店に出向中だという。
 斎藤さんがサントリーに入社した当時、「いい女と酒を飲み、いい女を抱いているか」と言いながら宣伝部を闊歩していたのが作家の開高健。65日間のアマゾン魚釣り体験のルポ『オーパ』の著者としても有名だ。
 彼が編集長となり大人気を博したPR誌『洋酒天国』だが、芥川賞を受賞したため小説執筆が多忙となり、開高健は社長にも人事部にも内緒で「社員募集の告知」を出す。そこで入ってきたのがのちにエッセイストとして有名になる作家の山口瞳だ。このような名物社員が大勢出入りする同社の気風を振り返り、気がついたら米国発の「うつ社会」が到来していた現実を体験から綴る。
 また「ブラジルで働く日本人たちは、いま」では、ニッケイ新聞の記事が引用され、ブラジル人気質との対比もされるなど幅広い視線から、「うつ社会」での処世術、心の持ち方が分かりやすく語られている。斎藤さんは会社員、小倉さんは専門家の立場から、それぞれ違った視線で立体的に説明。気軽に手に取れて、ためになる本に仕上がっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 特別寄稿=もうじき1日の死者1千人台か=どっちへ行くのか、我らのブラジル=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年5月14日 特別寄稿=もうじき1日の死者1千人台か=どっちへ行くのか、我らのブラジル=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  毎日青い空が見えて気温も快適、例年ならば「良い陽気になりましたね」と挨拶するところですが、今年はいけません。コロナウイルスのお蔭で一般庶民は「家庭内蟄居」です。  ニッケイ新聞も配送が始まり、これでQUARENTENA自粛も終わりかと思っていたら、何が何が、商店閉鎖 […]
  • 特別寄稿=新型コロナ騒動とアマゾン移民史=往時のマラリア禍の心情を今に懐う=パラー州ベレン市在住 堤剛太2020年5月13日 特別寄稿=新型コロナ騒動とアマゾン移民史=往時のマラリア禍の心情を今に懐う=パラー州ベレン市在住 堤剛太  現在、パラー州では外出自粛処置が取られすでに3カか月目に入っている。私の住むベレン市では、病院施設がすでにパンク状態と発表され、4月下旬からはマスク無しでの外出は禁止になりまた。4月27日からは罰金を伴う営業活動の停止処置も取られ、5月7日からはベレン市を含めた10市 […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月30日 □コロナ禍緊急日誌□  昨日、日本からアマゾンの小包が届いてビックリした。中身は本が一冊。国際郵便は止まっているので、なんだろうと思ったらDHLだった。ドイツの国際輸送物流会社で「世界最大の国際輸送物流会社」とも言われる。こんなときでもちゃんと期日通りに配達するとは、さすが「世界最大」だけある。 […]