ホーム | 日系社会ニュース | 俳句の町に仲間が集う=リベイロン・ピーレス=83人で全伯虚子忌大会=加藤淑子さん2度目の優勝

俳句の町に仲間が集う=リベイロン・ピーレス=83人で全伯虚子忌大会=加藤淑子さん2度目の優勝

ニッケイ新聞 2010年5月4日付け

 「俳句の町」リベイロン・ピーレス市、リベイロン・ピーレス日伯文化協会が共催する「第18回虚子忌全伯俳句大会」が4月21日に同文協会館で開催され、サンパウロ市・近郊はじめプレジデンテ・プルデンテ、バウルー、アシス、サンカルロスなどから83人が参加した。ニッケイ新聞社後援。
 当日朝、再会を喜ぶ声が溢れる中、参加者を乗せたバス2台はリベルダーデ広場を出発。同市の日本庭園にある虚子の句碑に向かい、同文協の海野マサヨシ副会長の孫娘ラリッサ・モラレスちゃんが快晴の空の下、献花した。その後、同句碑を寄贈した故大海悟さんの息子大海ヤスヒコさんらとともに、百周年を記念して落成した鳥居の下で一同記念撮影を行った。
 会場では、祭壇に祀られた虚子像と遺影に多くの参加者が手を合わせた。先没者へ1分間の黙祷の後、クロビス・ボルビ市長があいさつ。村木アントニオ同文協会長は市と文協の親睦の深さについて語り、選句が始まった。
 今年の兼題は「虚子忌」「夜寒」「秋深し」「キアボ」「霧」。代表選者は小斉棹子、広田ユキ、富重久子、星野瞳、栢野桂山、杉本絃一、樋口絃海児の7氏で、選者は10句、参加者は3句を厳選する。
 グアルーリョスから参加した小林エリーザさん(89、2世)は一昨日退院したばかりだが、「大会では友達に会えるから。俳句が楽しい、やめられない」と生き生きとした表情。俳句を通じて日本語を学び、日本語の文章もよく読めるようになったという。
 「地元での開催だからいい成績を残したい」と意気込む多川富貴子さん(65、三重)は月に1回、同会場で開かれる俳句会に通う。孫と会うのが普段の休日の楽しみだが、この日は特別。同大会の緊張感を味わった。
 昼食時になると、婦人会が腕を振るう恒例のお弁当、煮物、味噌汁で昼食。午後2時過ぎごろから、選ばれた句を披講士らが読みあげると、笑顔と拍手がわき起こった。
 前年度優勝者の加藤淑子さんが最多得点で二連覇を果たし、中野秀敏実行委員長からアメジストの石の置物が、2位の杉本絃一さん、3位の原口西重さん、4位の浅海喜世子さんにはトロフィーが贈られた。
 同大会に向けて1カ月前から準備してきたという加藤さんは、「感激しています。俳句は心から溢れてくるものを書くもの。来年も頑張っていい句を作りたい」と笑顔で語った。
 大会は午後4時ごろ無事終了。中野実行委員長は「天気もよく、大勢が参加してくれて、最高だった」と元気よく話して、笑顔でバスに乗り込む参加者を見送った。
 同大会の特選句、作者は次の通り。(敬称略)
(小斉棹子選)
 学生の元気に帰る夜寒かな     堀石初枝(杉本絃一選)
 楽流れ裏町夜情を醸す霧      浅見天道
(広田ユキ選)
 野外劇夜霧の幕となりて果つ    杉本絃一
(樋口絃海児選)
 五十年住みポ語未だ秋深し    永田美智子
(富重久子選)
 霧深む埴生の宿となりし村     浜田一穴
(栢野桂山選)
 白妙の椿匂ほやか椿寿の忌     加藤淑子
(星野瞳選)
 宇宙から飛行士帰りキアボ青し  浅海喜世子

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰2020年9月28日 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰  ブラジルへの日本人移住112周年を記念する「移民の日特別号」の発行をお慶び申し上げます。  日本とブラジルの緊密な友好関係の重要な礎となっているのが、ブラジルにおける日系社会という特別な人的な絆です。日本人移住者及び日系人の皆様は、移住後に大変なご苦労を経験されまし […]
  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]