ホーム | 日系社会ニュース | 民謡保存会=琉球民謡大会に75人=グランプリは宜野座さん

民謡保存会=琉球民謡大会に75人=グランプリは宜野座さん

ニッケイ新聞 2010年5月13日付け

 琉球民謡保存会ブラジル支部(座嘉比昇支部長)主催の第16回民謡大会が4月11日午後2時からサンパウロ市の沖縄県人会館サロンで開催され、75人が日ごろの練習成果を披露した。
 座嘉比支部長は開会あいさつで、「ブラジルの琉球民謡は年々盛大になってきた。ひとえに民謡を愛する皆さんのおかげ」と感謝。「ブラジルの大地で我々の祖先が残した立派な沖縄の文化を普及発展させるため、一同がんばっています」と述べ、さらなる支援を呼びかけた。
 後援団体を代表して与儀昭雄県人会長もあいさつし、「保存会のおかげで、すばらしい沖縄の伝統芸能がブラジルで盛んになっている」と感謝の言葉を述べた。
 開幕合同演奏に続き、大会が開幕。ちびっこ、新人、一般、優秀、最高、グランプリの各部門に分かれ、課題曲を熱唱。当日は会員など約200人が来場し、出場者の健闘に拍手を送った。
 合間には上原節子、具志堅洋子、島袋順子各師範の各琉舞道場によるアトラクションもあり、大会に花を添えた。最後には昨年母県の民謡紅白に出場した大城カズコさん、大城ビットルさんによる独唱も披露された。
 各部門の優勝者、所属支部は次の通り。(敬称略)。【ちびっこ】宮城あゆみ(サントアンドレー)、【新人・高齢者(70歳以上)】上原ミチコ(カンピーナス)、【新人・一般】嘉数リカルド(サントアンドレー)、【優秀・高齢者】松茂良達子(サンカエターノ)、【最高・高齢者】山城利子(サントアンドレー)、【優秀・一般】金城ゆかり(サントアンドレー)、【最高・一般】真川ゆうじ(ビラ・カロン)、【グランプリ・高齢者】知花八重子(サントアンドレー)、【グランプリ】宜野座クリチーナ。(サンタクララ)。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も2015年12月30日 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も  1955年の発足から60年―。ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)が創立日である17日、創立60周年を祝し文協ビルで記念式典を行なった。招待客ら600人以上が出席し、還暦の節目を祝った。 文協の前身は、54年に発足したサンパウロ市制400周年祭の日本人協力委員会。移民50 […]
  • ■今週末の催し2014年3月13日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2014年3月13日  土曜日(15日)  日伯交流展『Eclipse』、午前11時、サン・カエターノ市立ピナコテカ美術館(Av. Dr. Augusto de Toledo, 255, Santa Paula)、日曜日も […]
  • 東西南北2013年10月22日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年10月22日  17日未明、サンパウロ州サンロッケ市の医薬品動物実験施設「ロイヤル」に100人ほどの動物愛護家が侵入し、犬178匹を外へ逃がした。この愛護家集団は、インターネットでの「動物を使った生体実験は虐待」との呼びかけに共感した人々。この施設では、 […]
  • 大耳小耳2013年7月24日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年7月24日  フジクラと合弁会社を設立するプロケーブル社の西村フミタカ社長。始終ポ語で話すので二世かと思ったら、6歳で渡伯した子ども移民だった。2年間バストス市で過ごし、サンカエターノ・ド・スル市で育った。電気関係の事業を起こしたのは、電気技師だった父の […]
  • ■今週末の催し2013年2月21日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2013年2月21日  土曜日(23日)  ヤクルト杯少年野球大会、午前8時、イビウーナ球場(Rodovia Bunjiro Nakano, km 58,5, Ibiuna)、日曜日も      ◎ […]