ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | リオ地下配管で爆発事故=マンホールから火炎噴出=米国人旅行者が全身火傷に

こちらの記事もどうぞ

  • ガブリエル・ガルシア・マルケス氏(アジェンシア・ブラジルより)2014年4月23日 GGマルケスが死去=南米文学史上最高の巨匠=「百年の孤独」で世界に影響 ニッケイ新聞 2014年4月23日  コロンビアが生んだ1982年のノーベル文学賞作家で「南米文学史上最高の作家」と称されるガブリエル・ガルシア・マルケス氏が17日、メキシコシティの自宅で死去した。18日付伯字紙が報じた。  1927年にコロンビア北部のアラカタカで生まれたマ […]
  • IEDIが保護貿易警告=「世界から取り残される」=南米諸国への輸出は激減2013年6月29日 IEDIが保護貿易警告=「世界から取り残される」=南米諸国への輸出は激減 ニッケイ新聞 2013年6月5日  ブラジルではここ数年保護貿易主義色が強まっており、産業開発研究所(Iedi)が「将来の国内産業や経済を持続して支えるためには、国内市場への注力だけでは不十分」との見方を示し、諸外国との新たに貿易協定を締結などの政策を早急に実行するよう政府に要 […]
  • コラム 樹海2013年4月24日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年4月24日 […]
  • 東西南北2013年4月13日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年4月13日  ペルーのノーベル賞作家マリオ・ヴァルガス・リョサ氏が10日、アルゼンチンで行った講演で「民主国家の大統領がベネズエラのチャベス政権を支持したのは嘆かわしい」と語り、ルーラ前大統領を名指しで批判した。そのチャベス前大統領死去後のベネズエ […]
  • 東西南北2013年1月5日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年1月5日付け  4日、エスタード紙が創刊138年を迎えた。1875年の創刊当時の名前は「ア・プロヴィンシア・デ・サンパウロ」で、現在の名前に改名したのは1890年。それ以降も、奴隷解放運動を展開しカヌードス戦争を報じるなど、ブラジルの歴史の中にその足跡を […]