ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 広がる環境保全の意識=認定ないエコマークも増え=必要とされる消費者の購買基準

こちらの記事もどうぞ

  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • ニッケイ俳壇(882)=星野瞳 選2016年4月1日 ニッケイ俳壇(882)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎アララ飛び花野の虹は濃かりけり向ふ岸鹿現れてこちら見る風鈴の尾の力抜け酷暑来る差し向けし灯に目を剥いて枝の木莬滝くぐり来て中空に囀れる【明治の偉人・正岡子規がそれまで日本にあった俳句や短歌を写生であるべきだと改革した。その俳句を佐藤念 […]
  • 『パモンニャ(パモーニャ)』はトウモロコシを牛乳やココナッツミルクで溶いて団子にし、茹でてトウモロコシの皮で包んだブラジルの伝統料理2015年5月13日 ニッケイ俳壇(837)=富重久子 選    サンパウロ         広田 ユキ  四月馬鹿不老長寿てふ薬飲む【「四月馬鹿」は元々欧米の習慣で、四月一日の午前中に軽い嘘をついて人を騙しても許されると言うこと、又騙された人を言う。しかしその風習も最近は余り聞かないようになった。 この句の様に、私共後期高齢者に […]
  • 三重県知事 鈴木英敬2015年1月8日 新年のごあいさつ=三重県知事 鈴木英敬  新年明けましておめでとうございます。 ニッケイ新聞の読者の皆さま、ならびにブラジルに在住される皆様におかれましては、健やかに新年をお迎えのこととお慶び申しあげます。 私は、三重県とサンパウロ州が姉妹提携を結んで40周年を迎えた2013年8月に初めてブラジルを訪 […]
  • 環境対策と税制の調和を=首都セミナーで矛盾指摘2013年11月30日 環境対策と税制の調和を=首都セミナーで矛盾指摘 ニッケイ新聞 2013年11月2日  先月29日にブラジリアで行われたセミナー「税政と持続可能性—新しい経済へのプラットフォーム」では、ブラジルでは森林破壊が減少しているが、二酸化炭素の排出量は必ずしも減っていないと発表された。先月29日付バンデニュースTVサイトが報じた。 […]