ホーム | 日系社会ニュース | オザスコ第2回日本祭り=全伯優勝の相撲と太鼓も

オザスコ第2回日本祭り=全伯優勝の相撲と太鼓も

ニッケイ新聞 2010年8月12日付け

 オザスコ文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)主催の『第2回日本祭り』が14、15の両日午前10時から、同協会施設(R. Acenbo, 100, Jardim Umarama, Osasco)で開催される。同協会の大瀧多喜夫財務理事が案内のために来社した。
 14日午後1時から開会式。翌15日午前8時半から、スドエステ相撲チームの全伯団体総合優勝を祝し、「褌の締め直し」「祝賀会」が開かれる。各地の力士を招待し、個人戦も繰り広げられる。
 今年の「第7回全伯和太鼓大会」で優勝を飾ったACENBO所属の少年部和太鼓チームの演奏も行なわれるほか、日本食屋台も約60軒出店する。
 「盛大な祭りを行ないますので是非とも足を運んでください」と大瀧さんは呼びかけた。
 会場までの無料循環バスが、Av. dos Autonomistasの各主要停留所より発車。停留所は次の通り、TOP SHOP、Shopping Uniao、Carrefour、Wallmart、オザスコ市役所Bolsao駐車場。
 10歳以下と65歳以上は入場無料。問合せは(11)3684-0904。

image_print

こちらの記事もどうぞ