ホーム | 日系社会ニュース | IPHAN=連邦歴史遺産に認定!=『リベイラの文化風景』=移民の家、茶工場、教会…=全14点を写真で紹介

IPHAN=連邦歴史遺産に認定!=『リベイラの文化風景』=移民の家、茶工場、教会…=全14点を写真で紹介

ニッケイ新聞 2010年8月25日付け

 レジストロ、イグアッペに残る初期移民の家や茶工場などが今年7月、『ヴァーレ・ド・リベイラの文化風景』として文化遺産に登録された。リオの国立歴史美術遺産院(IPHAN)の認定によるもので、日系の建築物としてはカザロン・ド・シャー(モジ市、80年登録)に次いで2件目。釘を使わない日本の手法ながら、ブラジル様式も漂わせる〃日伯建築〃が興味深い。初期日本移民の息吹を残す全14点を紹介する。

image_print

こちらの記事もどうぞ