ホーム | 日系社会ニュース | 在聖総領事館=料理の講演・試食会=食材テーマにシェフが競演

在聖総領事館=料理の講演・試食会=食材テーマにシェフが競演

ニッケイ新聞 2010年11月6日付け

 ブラジル人、日系人の有名シェフが講演・実演するイベント『日伯の食・比較とハーモニー』が9、11、17日のそれぞれ午後2時半から、アニェンビー・モルンビー大学のキャンパスで開かれる。
 在聖総領事館、同大学、ブラジル日本文化福祉協会の共催。
 日本、ブラジルの食材を、それぞれの食文化のなかで効果的に活用する方法を探ることが目的。入場無料。
 9日は、同大セントロキャンパス(Dr. Almeida Lima, 1134, Bras)で、『藍染』の小池信氏と、『Amadeus』のベラ・マサノ氏がブラジルの食材を使った日本料理の実演、試食会を行なう。
 11日は、ヴィラ・オリンピアキャンパス(Rua do Ator, 340)でレストラン「ジュン・サカモト」のサカモト・ジュン氏の講演。
 17日は同キャンパスで『Cantaloup』のアンドリアーノ・カナシロ氏と『vitro』のフレッド・フランク氏による日本食材を使ったブラジル料理の実演、試食会となる。
 参加希望者は総領事館文化班(11・3254・0100/内線354、355)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ