ホーム | 日系社会ニュース | アルゼンチンに農業法人=双日、商社では海外初

アルゼンチンに農業法人=双日、商社では海外初

ニッケイ新聞 2010年11月18日付け

 【共同】双日は17日、アルゼンチンで農業を手掛ける法人を設立し、飼料用の大豆やコーンを生産する農業事業を始めたと発表した。新興国を中心に食料需要の急拡大が予想されるため、食料資源の確保に乗り出す。
 大手商社が海外で農業法人を設立するのは初めてで、今後はブラジルやアジア、アフリカでの展開も目指す。
 設立したのは双日グループ全額出資の農業会社「双日ブエナスティエラス・デル・スール」。現地の農業運営会社と協力し、JR山手線の内側面積の2倍に相当する1万1千ヘクタールの土地で、主に飼料用の穀物を約3万トン生産する。投資額は約5億円。
 ブラジルなどその他の南米でも来年度以降に事業を始め、2017年度に南米域内で約100万トンを生産。アジア地域を中心に作物を販売する計画だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パラナグア港から輸出される穀物コンテナ(Imprensa/ GEPR)2014年4月3日 貿易収支=第1四半期に61億ドルの赤字=史上最悪の記録を更新=3月は今年初の黒字計上も=一次産品頼りは変わらず ニッケイ新聞 2014年4月3日  3月の貿易収支は今年初の黒字を計上したが、第1四半期累計は、2013年第1四半期を上回る赤字となり、現行方式で統計を取り始めた1994年以来、最低の結果となったと2日付伯字紙が報じた。 1日に発表された3月の貿易収支は1億1200万ドルの黒字 […]
  • トウモロコシの輸出激減=対アルゼンチン貿易以上2014年3月25日 トウモロコシの輸出激減=対アルゼンチン貿易以上 ニッケイ新聞 2014年3月25日 1~2月のトウモロコシ輸出額は7億9100万ドルで、16億2010万ドルだった13年1~2月より8億2900万ドル激減し、1~2月の貿易収支の赤字額、61億ドルを上回った。 最近のブラジルの貿易収支では対アルゼンチン貿易の不振が大きく取り上 […]
  • 貿易収支の悪化止まらず=石油や派生品輸入が響く=対アルゼンチンは黒字計上2014年3月8日 貿易収支の悪化止まらず=石油や派生品輸入が響く=対アルゼンチンは黒字計上 ニッケイ新聞 2014年3月8日 1月の貿易収支が大幅赤字で終わった後、2月の貿易収支も同月としては統計史上最悪の21億2千万ドル赤字で終わったため、1~2月の赤字累計も統計史上最悪の62億ドルとなったと7日付伯字紙が報じた。 2月の貿易収支は、輸入が昨年同月比7・3%増で2 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(102)2014年2月20日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(102) ニッケイ新聞 2014年2月20日 「インディオの言葉で『魚がいない河』です。ですが、他の河に比べて少し少ないだけです。この河はパラナ大河に合流し、パラグアイ国境を流れ、アルゼンチンに入り、それからアルゼンチンとウルグアイの国境を流れ、ラプラタ河に合流し、アルゼンチンの首都ブ […]
  • アルゼンチン小麦が不足=ブラジル企業パラグアイへ2013年8月31日 アルゼンチン小麦が不足=ブラジル企業パラグアイへ ニッケイ新聞 2013年8月27日  世界的な干ばつによる収量減少などで小麦不足が叫ばれる中、主要取引国であるアルゼンチンからの輸入が年々減っている事を懸念するブラジル企業がパラグアイに活路を見出そうとしている。 […]