ホーム | 日系社会ニュース | CIATEで日本映画=「誰も知らない」11日に

CIATEで日本映画=「誰も知らない」11日に

ニッケイ新聞 2010年12月10日付け

 国外就労者情報援護センター(CIATE)は11日午後2時から5時ごろまで、文協ビルの同事務所(R. Sao Joaquim, 381)で日本映画「誰も知らない」(是枝裕和監督)を上映する。
 同作品は東京で88年に起きた子供置き去り事件を題材として、母親の失踪後、残された4人の兄妹が誰にも知られず生き抜いていく姿を描いたもの。04年に公開され大きな反響を呼んだ。
 入場無料。問い合わせは同センター(11・3207・9014)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ