ホーム | 連載 | 2011年 | 65年前の恩讐を超えて | 65年前の恩讐を超えて=当事者日高が語るあの日=《8》=〃狂信者〃と言われて=ようやく来た雪解けの季節

65年前の恩讐を超えて=当事者日高が語るあの日=《8》=〃狂信者〃と言われて=ようやく来た雪解けの季節

ニッケイ新聞 2011年2月16日付け

 日高徳一は大義名分を大事にする。「僕等はなにも勝った負けたのためにやったんじゃない。あくまで日本国家と皇室の尊厳のために立ち上がったんです。脇山大佐には申し訳ないが、彼個人になんら恨みがあったわけではない」。大義名分は立場によって異なるし、それがあれば何をやっても許されるわけではない。だが単なる殺人事件でないことも確かだ。
 「運命の夜」の後すぐに自首し牢獄を経て〃島流し〃(アンシェッタ島)され2年7カ月を過ごした。そこを解放された時、官選弁護士から「使用した武器は出てこない、目撃者はいない状況では犯罪は成立しない。罪にならないから釈放だ」と言われ司法の有様にあっけに取られた。
 日高は「それは違う。人の家庭をグチャグチャにしたんだから、こんなことで釈放では大義名分が通らない」と言い張り、約30年の量刑を言い渡され、カランジルー刑務所に収監された。最後の2年はバウルーの受刑者向け農園で農作業をやり、計10年の刑期を終えた。「日本人が普通の生活をしていたらそれだけで模範囚ですから、どんどん刑期が短縮されちゃうんですよ」。
 家族は頻繁に見舞いにきていた。「オヤジは僕がやったことに対して何も言わなかった」。徳一が事件の実行犯だったことで、父や弟は警察や自警団から酷い目に遭わされていたという。迷惑をかけまいと何も言わずに出聖したから、家族は本当に知らなかった。
 それでも父は息子の一途な気持ちが痛いほど分ったに違いない。「良くやった」とも「なんてことをしてくれたんだ」とも言わず、まるで何事もなかったかのように、ただ黙って家族の一員として受け入れた。
 刑務所から出てきた頃、当時の邦字紙から「狂信者」「残党」などと書き立てられた。「やってないことまで書かれた。裁判に訴えたらどうだ」と家族は怒ったが、日高は「そんなことしても仕方ない。やったことはやったんだ。人がどう思おうがかまわん」と取り合わなかった。戦後の傷跡が癒えず、みながささくれ立っていた時代だった。
 58年頃からポンペイアで父が細々とやっていた自転車修理店を引継ぎ、68年にマリリアへ転居した。「働くったって資本もないし他になにも知らんですから」と笑う。「移民70周年、80周年の頃は僕もまだ心が解けていなかった。刑務所出て無一文から生活を始めて経済的にも本当に難しかった。いろいろな意味で余裕がなかった」と思い出す。
 日高は93年10月、宮崎県の第1回南米移住高齢者里帰り事業の一員として61年ぶりに郷里の土を踏んだ。40日間ほど滞在し、天岩戸、宮崎神宮、靖国神社、皇居など見て回った。「夢のようだった。日本が立派になったのに驚いた」。幼少で離れたとはいえ、命を懸けて尽したお国、夢にまで見た祖国だった。でも「数年で帰るつもりで来たブラジルだが、ここに骨を埋めるのが運命なんでしょうな」との気分になってきた。少しずつ自分の中で何かが変っていった。
 日高が最初にマスコミの取材を受けたのは2000年頃だった。イマージェンス・ド・ジャポンの奥原ジュン社長と大井セリア史料館館長(当時)に自分の体験をありのままにしゃべり、世の中に伝えることの大事さに気付いた。何度も取材される中で信頼関係が築かれ、徐々に心が解けていった。
 08年の前半、日系社会の歴史に関心を持つ共同通信の名波正晴リオ支局長(当時)は百周年に関係して、「後からどんなことを言っても弁解と取られる」と誰からの取材も頑なに拒んできた蒸野太郎に話を聞きたいと考えた。野村忠三郎殺害犯の一人だ。
 名波の意図に賛同した日高がまず一人で蒸野宅に向かった。7歳も年上の野武士然とした蒸野の差し向かいに座り、「わしらだけが言うたんじゃダメじゃ。わしらの先輩らが『狂信者』だと言われたままにしておいていいわけがない。蒸野さんからも記者さんに自分の想いを話してくれんか」と頼み込んだ。
 ただでさえ怖い蒸野のさらに真剣さを増した表情を見て、日高は「叩き出されるのを覚悟した」と述懐する。じーっと目を瞑って考え込み数十分にも思える沈黙の後で、蒸野は「会おう」とだけ答えた。(つづく、敬称略、深沢正雪記者)


image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ歌壇(516)=上妻博彦 選2016年7月13日 ニッケイ歌壇(516)=上妻博彦 選 アルトパラナ  白髭ちよ 楽しみが又一つ消えて行く吾が人生の日暮時かな 歌友も師も無き吾の歌の道日日の歩みを短歌に託し テレビにて見とれる日本の桜花恋いつつ逝きし父母に見せたき ひと度も訪日かなわず逝きし父在らばNHK視せましものを いかばかり恋しかりしやふるさとを偲 […]
  • 14歳少年がいとこ殺害=首を絞めてナイフで刺す2014年4月25日 14歳少年がいとこ殺害=首を絞めてナイフで刺す ニッケイ新聞 2014年4月25日  リオデジャネイロ市北部マレー地区のファヴェーラ(スラム街)で、14歳の少年が4歳のいとこを殺害した上で洗濯機の中に隠すという事件が起きた。  事件が起きたのは17日午後。兄弟に家を追い出された14歳の少年がおばのヴァネッサ・リーマ・ドス・サ […]
  • 「JK元大統領は事故死」=国の真相究明委が断定=サンパウロ市委員会とは結論異に2014年4月24日 「JK元大統領は事故死」=国の真相究明委が断定=サンパウロ市委員会とは結論異に ニッケイ新聞 2014年4月24日  国の真相究明委員会は22日、1976年8月にリオ州の街道で交通事故死したとされるジュセリーノ・クビチェック元大統領の死は、不慮の事故によるものだったと断定した。サンパウロ市の真相究明委員会が昨年12月に出した「政治的陰謀による暗殺」という結 […]
  • バイア州の軍警がスト=軍出動も商店強奪が多発2014年4月18日 バイア州の軍警がスト=軍出動も商店強奪が多発 ニッケイ新聞 2014年4月18日  バイア州軍警が15日にスト入りし、軍も出動したが、商店やスーパーなどの強奪などが連続的に起きていると16、17日付伯字紙や各紙サイトが報じた。裁判所は16日にすぐに勤務に戻るよう命じたが、同日夜の総会で継続が決まった。 州政府の要請を受け、 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(135)2014年4月11日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(135) ニッケイ新聞 2014年4月11日  十三時きっかりに西領事と遠藤副領事が『天すし』ののれんをくぐった。 「いらっしゃーい」この店の寿司マンでオーナーのオヤジが景気よく迎えた。 先に来ていたジョージが二人の雰囲気から領事と察知してテーブルから立ち上がり、自然に西領事を見分け握手 […]