ホーム | 日系社会ニュース | NAK世界歌謡祭盛大に=日本から13人が来伯=「上手に歌うのに感心」

NAK世界歌謡祭盛大に=日本から13人が来伯=「上手に歌うのに感心」

ニッケイ新聞 2011年4月13日付け

 第4回NAK世界アマチュア歌謡祭INブラジルが3月6日、文協大講堂で開催され、パラグアイから2人、日本からもCDデビューを果たした歌手を含めた使節団13人(正木章まさき・あきら団長)が来伯して盛大に行なわれた。「新人からベテランまでが参加して、みんなが楽しく歌えるように」というテーマで、322人の参加者と聴衆は終日楽しく過ごした。
 正午から行なわれた開会式では、まず栗崎邦彦(くりさき・くにひこ)歌謡祭実行委員長があいさつの中で、日本アマチュア歌謡連盟(NAK)の竹本雅男本部長ら関係者に感謝し、続いて北川ジューリア好美ブラジルNAK会長が同連盟の歌を手拍子の中で全員で元気に歌い、「世界大会ができたのもみなさんのおかげ」とのべた。
 来賓として林まどか文協副会長が「美しい日本語で仲間を増やし大きな輪を」とのべ、ブラジル汎米日系人協会の矢野敬崇(のりたか)会長も「世代交代が進んで日系人としての一体感が失われがちな現在、日本語で日本の心を歌う国際的な催しは的を得たもの」と賞賛した。
 使節団を代表して正木団長(NAK東北連合会代表)は「歌に国境なしといわれるように、日伯がますます親睦を深め、明るく歌える喜び幸せこそが世界平和につながる」と語った。
 最後にブラジルNAKの北川朗久(あきひさ)名誉会長は「本部の協力で今回も素晴らしい大会になった。次のブラジル開催は第6回、各国からお招きしたい」と締めくくった。
 午後2時からは特別ショーとして正木団長が「お帰り」、日本でCDデビューをしている佐藤節子さんが「伝説の島」、水谷さおりさんが「思い出の冠川」などを歌って会場を盛り上げた。
 本紙取材に対し、来伯2度目、審査委員長も務めた正木氏は「日本では50代以上が中心だが、ブラジルでは10代から居て歌い手の層が厚く、上手に歌うのに感心する」と感想をのべた。NAK会員は日本国内に2万5千人、ブラジル以外には米国のロス、ハワイ、韓国にもいる。ブラジルNAKは北川名誉会長の尽力で15年前に設立され、世界歌謡祭は03年から隔年開催している。
 成績は次の通り。《B6、4》林ジョージ《B3、1》片岡由美《A8、7》大野淳子《16、5》松本ひろ子《A4、3》大原直美《A2、1》小波津さゆり《ESP-8》平井熊太郎《ESP-7》長松憲一《ESP-6》槌永輝雄《ESP-5》高橋つよ子《ESP-4》田中さつき《ESP-3》平田エミリア《ESP-2、1》岡本文江《EXTRA-8》仁科九一《EXTRA-7》赤木時子《EXTRA-6》榊原利一郎《EXTRA-》石田ダニエル《EXTRA-4》大園茂昭《EXTRA-3》大園圭子《EXTRA-2、1》高橋成美リリアン《SUPER EXTRA-8》渡辺しろ子《SUPER EXTRA-7》溝上哲治《SUPER EXTRA-6》秦芳郎《SUPER EXTRA-5》ナカンダカレ・イレーネ《SUPER EXTRA-4》大木恵美子 《SUPER EXTRA-3、2、1》鯨井恵子《STAR》小沢ユカ《童謡》照屋ミユキ《ちびっ子》桑原エリカ

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 歌手=中平マリコさんからメッセージ=「コロナで南米訪問できず残念」2020年5月29日 歌手=中平マリコさんからメッセージ=「コロナで南米訪問できず残念」  16年間、毎年4ヵ月前後もブラジル、パラグアイの日系集団地などを回ってコンサートを開催し、日本の歌を届けてきた歌手・中平マリコさん。今年はコロナウイルスのために南米訪問が不可能になった。17年ぶりに過ごす日本の夏、母と過ごす時間、日系社会への想いを綴ってくれた。(編集部) […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • 特別寄稿=『移民と日本人』を読んで=サンパウロ市在住  中田みちよ2020年1月18日 特別寄稿=『移民と日本人』を読んで=サンパウロ市在住  中田みちよ  『移民と日本人』、久しぶりに一気に読みました。  それほど目新しいハナシなのかというと、私の乱読の余録もあって、それほどでもありません。深沢さんは記者ですから、すでに紙上で発表されている記事も多く、それ自体は既知項目。ただし、もう少し知りたかった次の場面が掘り下げら […]
  • デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も2019年9月27日 デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も  「こんなことをしてくれる会社は、他に聞いたことないね」――「グルメデリカ」(本社=埼玉県所沢市)に派遣されている日系人労働者の留守家族を集めた22回目の南米懇親会が21日夜、サンパウロ市のニッケイパラセ・ホテルで開催され、そんな感想があちこちで聞かれた。グルメデリカ社 […]