ホーム | 日系社会ニュース | フットサルで震災支援=横澤さん「家族でどうぞ」=21日

フットサルで震災支援=横澤さん「家族でどうぞ」=21日

ニッケイ新聞 2011年4月20日付け

 フットサル元日本代表の横澤直樹さん(34、山梨)が21日午後1時から、無料のフットサル体験イベント「家族わくわくみんなdeチャリティフットサル」を聖市の「Roller Ball」(R.Tamandare,945)で開催する。午後4時まで。
 東日本大震災の被災地支援も目的に開かれ、当日寄せられた応援金を義捐金として宮城県人会に寄付する。
 18歳でブラジルにサッカー留学した横澤さんは帰国後フットサルを始め、ブラジルではパラナのカスカベルやサンカエターノに所属した。タイでのプロリーグ開始にともなって同国で4年間プレーした後、「ブラジルで夢を追いたい」と再渡伯し、現在ミナスのチームでプレーする準備を進めている。
 「フットサルは老若男女だれでもできます。皆に楽しさを伝えたい」と横澤さん。「フットサルを楽しみながら、被災地で頑張る方々に何か貢献できたら」と話し、「家族、女性の参加もお待ちしています」と呼びかけた。
 当日は5〜8人でチームを編成し、8分1本で試合を行う。5チームに賞品を用意し、参加賞もある。
 詳細は横澤さん(11・8396・8307)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ