ホーム | 日系社会ニュース | 皇居歌会始=題は「岸」、9月末締切

皇居歌会始=題は「岸」、9月末締切

ニッケイ新聞 2011年7月16日付け

 来年の皇室歌会始の題が「岸」に決まり、宮内庁は応募要領を発表している。応募は未発表の短歌を一人一首、「岸」が入っていることが条件。「海岸」「川岸」など熟語の一部でも構わない。
 書道半紙を横長に使い、右半分に短歌、左半分に郵便番号、住所、氏名(本名・ふりがな付き)、生年月日、電話番号、職業を記載する。
 毛筆での自筆、縦書きが原則だが、病気や障害など理由があれば代筆やパソコン使用も可。但し、代筆者の住所、氏名と理由を別紙に添えること。視覚障害の人は点字での応募ができる。
 海外からの応募は半紙、毛筆の必要はないが、半紙サイズ(24×35センチ)の紙を用いること。
 記入した面を内側にして折り封筒へ入れ、封筒の表に「詠進歌」と書いて郵送する。
 宛て先は郵便番号「100—8111、宮内庁」。9月30日までの消印有効。詳しくは宮内庁HP(www.kunaicho.go.jp)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ