ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2011年10月1日付け

 小沢一郎氏の元秘書3人が有罪の判決を受けた。石川知祐衆議や会計担当の大久保隆規被告も、「政治とカネ」で東京地裁が断罪したのは大きい。小沢氏の資金管理団体「陸山会」の帳簿への虚偽記入をめぐる裁判で政治と建設業者の癒着が暴き立てられ、ダムの建設工事にも、政治家が暗躍し、正義とはかけ離れた裏献金のやり取りも明らかになった▼ダム(岩手県)建設の指名業者にしてもらおうと水谷建設が一億円を小沢氏に献金したと元社長は証言しているが、小沢氏も元秘書らも「受け取っていない」と否定している。だが、裁判長は「裏献金を認定」し、執行猶予はついたけれども、禁固を言い渡している。公共工事に対し業者たちは、「談合」で話し合い安値で受注するのは昔からの悪しき慣習だが、これは現在もなお生きている▼取り分け岩手と秋田には、小沢氏の影響が強く、指名候補選びでも「(小沢氏の)天の声」が決定的な力を発揮していたのも、この裁判で明らかになった。判決は「岩手県や秋田県では談合の本命業者選定に小沢の意向が決定的な影響を持ち、小沢氏の秘書の了解はゼネコン各社に(天の声)と受け止められた」とまで指摘している。これでは、あの水戸黄門さまではなくとも、「闇の将軍」に怒りを爆発させるのはあたり前と言うものである▼石川衆議ら3人は、控訴に踏み切ったし、小沢元代表は側近の取り巻きに「不当判決」とぶちまくったらしいが、ここは自民党などの野党が要求する証人喚問に堂々と応じ、弁舌爽やかな申し開きに徹するべきだと、世の人々は思うのだが—。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]