ホーム | 日系社会ニュース | 県連=現事務所で当面は続行=移転問題で〃二転三転〃

県連=現事務所で当面は続行=移転問題で〃二転三転〃

ニッケイ新聞 2011年10月15日付け

 ブラジル日本都道府県人会連合会(園田明憲会長)は今年1月から予定していた県連事務局の文協ビル5階部分への移転について、仮の売買契約を行っていた援協(菊地義治会長)の書類が揃うのを待ち、当面は現事務所で継続することが5日、執行部会議で決まった。
 先月末の県連9月度代表者会議で、11月までに文協ビル2階へ暫定的に入居することが承認されていたが、最低1年の契約を結ぶ必要があることから、「転居後、すぐに書類が揃えば二重支払になる」と判断、取り止めを決定した。
 県連は援協本部があった5階部分の購入について、今年1月に現所有者である援協と仮の売買契約を交わしていた。
 しかし、慈善福祉団体であることで免税措置が取られていた援協に対し、市からITPU(固定資産税)、PIS(社会統合基金)COFINS(社会保険融資納付金)の請求があり、裁判が行われていた。
 8月末に援協側の訴えが認められたものの、書類不備で先延ばしとなっていたことから、県連は「手狭な現事務局では、来客の応接や代表者会議を行えない」とし、早期移転を希望、代替案として5階部分と同じ広さを持つ2階部分への一時的入居を検討。
 5階部分購入のための積立金の利子分と、事務所を持たない県人会への貸出し収入から家賃を差し引いても持ち出しがないことから、各県人会代表からも反対意見はなく承認されていた。
 菊地援協会長は、「8月末に判決が出て、9月には書類が完了する予定だった。現在進捗状況を確認させている」としており、近日中に進展があるとみられる。
 山田康雄県連副会長は、「内装工事が必要な部分もあるが、手続きが完了次第転居して活動を開始したい」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ごあいさつ2018年1月3日 ごあいさつ 謹んで新年のお慶び申し上げます=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。  海外最大の日系人集団地ブラジルは、節目の移民110年周年を迎えました。  県 […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]