ホーム | 日系社会ニュース | 文協=「絵を描いて学ぼう」=児童絵画教室を1月に

文協=「絵を描いて学ぼう」=児童絵画教室を1月に

ニッケイ新聞 2011年12月20日付け

 文協美術委員会(小田エルザ会長)は『第49回児童絵画教室』を1月9〜13日の5日間、文協ビル15会議室(Rua Sao Joaquim, 381, Liberdade)で開く。
 5〜15歳を対象にした同教室では、クレヨン、水彩絵の具、ポスターカラーなどを使って絵の描き方を学ぶ。教室で描かれた作品は14、15の両日、同会議室で展示される。
 講師を務める同会委員で画家の金子謙一、五木田紋子、酒井まち子の三氏と来社した小田委員長は「絵を描いたことがない子も気軽に参加ください。隠れた才能が花開くかも」と呼びかけた。
 参加費用は150レアル(文協会員は120レ)。受講の申込みは19日〜23日(午前11時〜午後5時)に文協(電話=11・3208・1755、Eメール=bunkamaturi@bunkyo.org.br)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ