ホーム | 日系社会ニュース | 第7位=勝ち負け抗争に関心集中=映画『国賊』『闇の一日』

第7位=勝ち負け抗争に関心集中=映画『国賊』『闇の一日』

ニッケイ新聞 2011年12月27日付け

 65年前の勝ち負け抗争にスポットライトが当てられた1年だった。ブラジル映画『Coracoes Sujos』(国賊、ヴィセンチ・アモリン監督)が完成し、先行上映会が7月7日晩、パウリニア映画祭の開幕式として行われた。日本からは主演の伊原剛志が来て伯字紙各紙が競って扱うなど、一般公開前にも関わらず大きな話題を呼び、期待が高まっている。奥田瑛二ら有名俳優が参加している。本格的な上映は新年3月以降で、コロニア向けの先行上映会も検討されているという。
 脇山事件の真相に迫った証言映画『闇の一日』(IMJ社、奥原ジュン監督)の上映会が12月14日に文協大講堂で行われた。奥原監督は「ブラジルの歴史の一部として勝ち負け抗争を捉えなおす必要がある」と強調した。上映に先立って、11月18日にパウリスタ法律学校(EPD)で行われたシンポ「戦後日系社会への視点」で外山脩さんは長年取材してきた成果として「臣道聯盟はテロ組織、秘密結社と65年間も思われてきたが、まったくの冤罪であることが分かった」と結論付けた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2011年12月27日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2011年12月27日付け […]
  • 第8位=着物代金未納問題に幕=蛯原さん「払い終えました」2011年12月27日 第8位=着物代金未納問題に幕=蛯原さん「払い終えました」 ニッケイ新聞 2011年12月27日付け  「8月4日にようやくお金を払い終わりました」。百周年協会で芸能コーディネーターを務めた蛯原忠男さん(62)は9月13日、東洋街の自らの事務所でそう説明して胸をなでおろした。 […]
  • 第9位=歴史築いた議員が相次ぎ…=上野、田村、安田氏ら2011年12月27日 第9位=歴史築いた議員が相次ぎ…=上野、田村、安田氏ら ニッケイ新聞 2011年12月27日付け  日系初の連邦議員、田村幸重氏(96、同)は戦後初の選挙で聖市議に当選(48年)、聖州議(50年〜)、54〜69年まで4期にわたり下議。いずれも日系初で、日系人の政界進出の道を開いた。 […]
  • 第5位=コロニア御三家の会長選=県連、援協は〃一世還り〃2011年12月27日 第5位=コロニア御三家の会長選=県連、援協は〃一世還り〃 ニッケイ新聞 2011年12月27日付け  3月に県連、4月には文協、援協の会長選挙があり、援協と県連では二世から一世が会長に返り咲くなど、世代を超えた団体経営の形がコロニアの関心を呼んだ。 […]
  • 第6位=Gニッケイが終了宣言=12年のデカセギ支援に幕2011年12月27日 第6位=Gニッケイが終了宣言=12年のデカセギ支援に幕 ニッケイ新聞 2011年12月27日付け  「今まで協力してくれたみなさんに感謝したい」。12年前から帰伯デカセギに職業紹介するボランティア活動を続けてきたグルッポ・ニッケイ(Grupo Nikkei de Promocao […]