ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年2月9日付け

 コロニア史に関する文献の多くは、残念なことに日本語だけだ。150周年のことを思えば、ポ語で詳しく移民史を論じたものがいろんな種類あった方が望ましい。ポ語翻訳版がもっと出版されれば、先人の苦労や先駆的な行いの数々が後世に知られるはずだ▼例えば『移民四十年史』(香山六郎編著)、『香山六郎回想録』(同)、『流転の跡』(輪湖俊午郎著)、『人文研年表』、『埋れ行く拓人の足跡』(鈴木貞次郎)、『物故先駆者列伝』(日本移民五十年祭委員会)、『邦人海外発展史(上、下)』(入江寅次編著)、『芸能史』、『百年史』など挙げればきりがない。パラナ州、ノロエステ、パウリスタ、奥ソロはもちろんアマゾンの地方誌、各県人会記念誌など、基本的な文献がポ語にされていないことは後世への負い目だ▼「二世はコロニアの歴史を知らない」と嘆く人は多いが、彼らの手が届きやすいようにポ語に翻訳する努力ももっとすべきだった。説明する努力をせずに「そんなことも知らないのか」と怒るのは、説明する側の誠意も足りない▼一世が生きている間に毎年2冊、3冊ずつでもいいから、後継世代に知って欲しい歴史をどんどんポ語訳して残すべきではないか。そのようなプロジェクトを作って資金を集め、優秀な翻訳者に入ってもらったらどうだろう▼どんどんポ語版を出せば、それを読んで日系意識に目覚める三、四世世代が将来きっとでてくる。素晴らしいコロニア史の本は既にある。それをいかに有効に活かすかを考えるべきだろう。複数の団体がそれぞれに翻訳を実施し、より多くの文献がポ語化されることを望みたい。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流2018年8月2日 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流  ブラジル日本移民110周年のための皇室公式訪問最終日の28日、眞子さまはパラー州都ベレンの汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)で行われた日系社会歓迎行事のほか、同地の日系人や日本移民とのご引見、ヴェル・オ・ペゾ市場の視察などをされた。式典には約230人が参加し、3回目 […]
  • 第35回武本文学賞を総括して=作品にコロニア語を使おう=ブラジル日系文学会長 中田みちよ2018年1月10日 第35回武本文学賞を総括して=作品にコロニア語を使おう=ブラジル日系文学会長 中田みちよ  「武本文学賞」というのは、日系社会の文学活動を創立時からささえてきた武本由夫(1983年逝去)を顕彰して設置されたものである。83年に募集され第一回発表が1984年発行の「ブラジル日系文学15号」誌上、その後35年間継続されてきている。  そして2015年には創刊5 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • 大耳小耳2016年7月9日 大耳小耳  千葉県船橋市の「ふなっしー」など日本では「ご当地キャラ」が大流行だ。郷土の特徴をヒントにしたキャラクター、マスコットをつくり、観光や町おこしの起爆剤として重宝されている。その波に乗って、ついに今回の県連日本祭りでは「県人会キャラ」が登場することになった。福島県人会では、なんと […]