ホーム | 日系社会ニュース | ニッケイ法律相談=その17=回答者 古賀アデマール弁護士

ニッケイ法律相談=その17=回答者 古賀アデマール弁護士

ニッケイ新聞 2012年2月14日付け

 質問=70歳を過ぎ、少しのpoupanca(定期預金)とアパートを所有しています。しかし相続人がいないので誰かに贈与したいと思いますが、その代わりに自分の面倒をみてもらいたいと思っています。どうすればよいでしょうか。
 回答=方法としては生存中に贈与する、遺書を残すという2つの方法がありますが、遺書は少しややこしいので生存中に贈与されることをお勧めします。登記所(cartorio)もしくは法律事務所で書類を作成してください。
 ただし「条件付き贈与」という形にして、財産を贈与する代わりに自分に対してどういったことをしてほしいのか、細かく書類に書き込まれると良いと思います。「面倒をみる」というのでは漠然としていますので。
 そして、その条件を一つでも守らなかった場合は贈与を無効にする、という条件もつけてください。そうしないと、贈与する相手が条件を守らない、つまり面倒をみてくれない場合でも贈与しなくてはならなくなります。
 条件を守っていないということは贈与する本人、つまりあなた自身が役場で申し出ることで、贈与を無効にすることができます。
 ちなみに相続人についてですが、直系の祖先、子孫(祖父母、両親、子供、孫など)は自動的に相続人になります。傍系は兄弟、おじとおば、甥と姪、従兄弟まで権利がありますが、名乗り出なければ、忘れられて相続せずに終わることになります。
     ◎
 質問=古賀弁護士に法律相談をしたいのですが、その内容は知人に知られては絶対に困るものです。事務所には常に大勢の人が来られていると思うのですが、大丈夫でしょうか。
 回答=弁護士には、依頼人の守秘義務が課せられています。もし他言すれば営業停止、場合によっては弁護士免許を剥奪されますので、ご安心ください。
 また、各政府機関のfiscal(検査官、監査役など)が許可なく法律事務所に出入りすることは法律で禁じられています。裁判所に申請して、特別な許可を得た場合のみで、それには時間を要します。
 弁護士法では、法律事務所と弁護士の自宅には不可侵権(inviolabilidade)が認められているのです。
 ですので、大切な書類を法律事務所に預けられても問題ありません。弁護士は、憲法で保障されたただひとつの自由業です。

質問の送り先はEメール(ademarkoga@gmail.com)、FAX(11・3208・0733)、手紙(「ニッケイ法律相談」係、Rua Galvao Bueno, 470, 1o. andar, Liberdade, Sao Paulo, SP CEP 01506-000)まで。質問は日本語でもポ語でも可、ただしメールの場合はポ語のみ。質問内容をできるだけ明確にしてお寄せください。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 回答者 古賀アデマール弁護士2015年5月29日 ニッケイ法律相談=その54=回答者 古賀アデマール弁護士  質問=親不孝の子供を勘当したいです。どうしたらよいでしょうか? 回答=「親不孝」の内容によります。理由無く親に怒鳴る、暴力をふるうなどの行為が1度でもあった場合は勘当の理由になります。親以外の人に犯罪(盗み、殺人等)を犯した場合には勘当の理由にはなりません。ま […]
  • 回答者 古賀アデマール弁護士2015年3月27日 ニッケイ法律相談=その53=回答者 古賀アデマール弁護士  質問=自分の家の前の歩道に穴が開いて、市役所から1千レアル程度の罰金を請求されました。都市不動産所有税(IPTU)を支払っているので、歩道の修理は市役所の責任ではありませんか? 回答=IPTUを支払っていても、自分の家の前の歩道の整備は土地所有者の義務です。そ […]
  • 回答者 古賀アデマール弁護士2015年2月13日 ニッケイ法律相談=その52=回答者 古賀アデマール弁護士  質問=4人兄弟で親が亡くなりました。4人のうち2人が最期まで介護をしましたが、残る2人は日本に出稼ぎに行くなどして一度も介護をしていません。遺産は介護をした2人だけが受け取るべきだと思うのですがいかがですか? 回答=遺産相続権は原則的に4人に平等にあります。そ […]
  • 回答者 古賀アデマール弁護士2015年1月16日 ニッケイ法律相談=その51=回答者 古賀アデマール弁護士  質問=スポーツジム(アカデミア)に1年分の会費を支払いましたが、3カ月後に都合で通えなくなったので、9カ月分の会費の返金を求めましたが、応じてもらえませんでした。本当に返してもらえないのですか? 回答=入会時にどんな書類にサインをしたかに関わりなく、返金を受け […]
  • 回答者 古賀アデマール弁護士2014年12月13日 ニッケイ法律相談=その50=回答者 古賀アデマール弁護士  質問=あるアパートに契約書を交わさずに、3年の期間という口約束ですんでいます。2年経って大家さんに別の人に貸すから出て欲しいと言われました。本当に出ていかなくてはならないでしょうか 回答=契約書が無く、口約束の賃貸契約だったとしても住人は原則的に5年間は住み続 […]