ホーム | 日系社会ニュース | イペランジャホーム=ダリア祭り、4、11日に=3千本、百種が見ごろ

イペランジャホーム=ダリア祭り、4、11日に=3千本、百種が見ごろ

ニッケイ新聞 2012年2月18日付け

 スザノ・イペランジャホーム(根塚弘ホーム長)は『第18回ダリア祭り』を3月4、11日に同ホーム(Estrada Tani, 751, Vila Ipelandia, Suzano)で開催する。午前10時開園。
 およそ6ヘクタールの敷地に咲く大小3千本、百種類のダリアが来場者を迎える。根塚ホーム長によれば、すでに咲き始めている花もあり「花の命は1カ月以上。来月初めから一斉に咲き始めます」と話す。
 ホーム内のサロンでは両日午前11時からショーを行う。平田ジョー(4日)、伊藤カレン(11日)の歌謡ショー、太鼓や神楽や剣道の実演など。
 同ホームのボランティアや同地文協婦人部が日本食を提供。うどんやニシンの炭焼き、搗きたての餅などが販売される。
 案内のため来社した岩原勝一経営委員長、中田和夫同副会長、根塚ホーム長、坂和三郎援協副会長は「休憩所やトイレも新設し、より過ごしやすく、花を楽しめるようになりました」と来場を呼びかけている。
 問い合わせは同ホーム(11・4742・6105)まで。
 また、両日リベルダーデ区の援協センターから午前9時にバスが運行する(要予約、往復20レアル)。バス予約ははるみ(11・3274・6512)。

image_print

こちらの記事もどうぞ