ホーム | 日系社会ニュース | ファイナル・ファンタジーの世界へ=天野喜孝展、講演会も=3月30〜4月1日

ファイナル・ファンタジーの世界へ=天野喜孝展、講演会も=3月30〜4月1日

ニッケイ新聞 2012年2月28日付け

 有名イラストレーターの天野喜孝さんが初来伯し、『天野喜孝展』を3月30日から3日間、フレイ・カネッカショッピングの中央会議場(Rua Frei Caneca, 569, Consolacao)で開く。講演会は初日午後2時から。
 「ゲームワールド2012」の一環。開場時間は午前10時〜午後7時半まで、31作品がブラジル初披露される。国際交流基金、タンボール・ジジタルの共催。
 ゲーム「ファイナル・ファンタジー」シリーズや「タイムボカン」など、数多くのアニメのキャラクターデザインを手がけるほか、装幀および舞台美術や衣装デザインなど分野を超えて幅広く活躍する。
 日本版オスカー賞と呼ばれる星雲賞や、画家としてドラゴン・コン賞などを受賞。日本の現代大衆文化を形成した代表的人物の1人であり、2009年にパリ国立オペラで展示会を開催して以来、世界ファッション界でも名を馳せた。
 入場料は40レアル〜。希望日や入場日数で異なるため、同イベントのサイト(tambordigital.com.br/gameworld_expo_2012)を参照のこと。
 問合せは同基金(11・3141・0110)もしくはゲームワールド(11・2369・0982)。

image_print

こちらの記事もどうぞ