ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2012年5月15日付け

 「あるぜんちな丸」の着伯50年の集いで展示されていた当時の船内新聞を保管していたのは、リオのフンシャール移住地に住む岩本洲さん(70、北海道)だ。「成功した移住地といわれるが今は風前の灯。ゴイアバがなくなればデカセギしかないね」と同地の現状を語った。もともと炭鉱労働者8割、農業などその他2割で占められていた同地。「昔は日本の錚々たる政治家を迎えたもの」と懐かしそうに語り、移住については「悔いはないね」の一言。すがすがしい表情を見せた。
     ◎
 先週末、フェイジョアーダの老舗と銘打つレストランに行ってみた。各種揚げ物やコウベ、パン等がついて食べ放題。だが数十年続く老舗という割に、水っぽくコクに欠けた味でがっかり。至って素朴な店の雰囲気からしてせいぜい一人50レアル程度と踏んでいたら、何と二人で250レ。「ブラジルには共通の基準がない」といわれるが、領収書を見て驚愕することもしばしば…眼力が養えそう。
     ◎
 先日13日は「母の日」。週末数多い日系イベントだが、各団体の経験上、集まりは悪いのだろう、小紙の知るところでは見事に一つも催しが行なわれなかった。日本であれば、むしろ母の日に絡めたイベントが多くありそうなだけに、改めてブラジルの家族の繋がりを感じさせられた。取材がなかったこともあり、パウリスタ界隈やショッピングを歩いたが、家でお祝いか、人出は少なかったよう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 61年9月9日着港=半世紀を語りましょう!=あるぜんちな丸同船者会2011年8月13日 61年9月9日着港=半世紀を語りましょう!=あるぜんちな丸同船者会 ニッケイ新聞 2011年8月13日付け  1961年9月9日にサントスに着いた「あるぜんちな丸」の50年の節目を9月10日に祝おうと、菊地透さん(68、岩手)、大隅洋子さん(60、同)らが同船者らに参加を呼びかけている。場所、時間は未定。 […]
  • たくさんの出会いに恵まれる幸せ―ふるさと巡り、各地で先亡者慰霊―=連載(8)=急膨張した温泉町で=カウダス・ノーヴァス=デカセギが不動産業で成功2005年4月30日 たくさんの出会いに恵まれる幸せ―ふるさと巡り、各地で先亡者慰霊―=連載(8)=急膨張した温泉町で=カウダス・ノーヴァス=デカセギが不動産業で成功 4月30日(土)  かつて旧ゴイアスには、〃ゴイアスのアレイジャジーニョ〃と呼ばれる有名な宗教彫刻家がいた。Jose Joaquim da Veiga Valle(1806―1874)だ。 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 大耳小耳2019年6月25日 大耳小耳  あるぜんちな丸で南米に渡った日本人移民を半世紀にわたり記録したドキュメンタリー番組の「完全版」が、日本時間の26日午前0時45分から3夜連続で、NHKの衛星放送(BS1)で放送される。1968年に南米各地へと渡った移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」が放送され、その後も移 […]
  • 大耳小耳2016年8月11日 大耳小耳  神戸の日伯協会機関紙『ブラジル』972号が7月に刊行された。9月のパラグアイ日本人移住80周年出席をひかえて、眞子内親王殿下が7月15日に移住ミュージアムを2時間余りご視察されたとか。11月19日には同協会創立90周年記念式典を予定。興味深いのは9月24日午後2時半からの90 […]