ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 本の祭典FLIP開催=今年でスタートから10年

こちらの記事もどうぞ

  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 軍政開始から50年 連載 ④ 怒れる若者たちの反乱=MPBなどの文化も生まれる2014年4月4日 軍政開始から50年 連載 ④ 怒れる若者たちの反乱=MPBなどの文化も生まれる ニッケイ新聞 2014年4月4日  今回は軍政に反対した民衆について検証する。 民衆側の反乱は、1967年にミナス・ジェライス州とエスピリトサント州の間のカパロン山脈に初の武装ゲリラが結成されてから激化する。その動きは、トカンチンス州のアラグアイア川沿いで大規模なゲリラ活動を展 […]
  • ボサノバ名盤5枚が復刻=世界的ブームから50年2014年3月26日 ボサノバ名盤5枚が復刻=世界的ブームから50年 ニッケイ新聞 2014年3月26日  「イパネマの娘」の世界的大ヒットから50年を迎えるブラジルだが、それにタイミングを合わせたような企画が進行している。この4月、5枚のボサノバの名盤が、昔なつかしいLPサイズのアナログ盤として国内で再発される。  ブラジルでも、「アナログ盤 […]
  • 高まるロニー・ヴォン再評価=時代を先取りしすぎた元アイドル2014年2月13日 高まるロニー・ヴォン再評価=時代を先取りしすぎた元アイドル ニッケイ新聞 2014年2月13日 60~70年代に数多くの名歌手を生み出してきたブラジル音楽界だが、現在、ブラジルの音楽マニアのあいだで再評価の進んでいる男性歌手がいる。それがロニー・ヴォンだ。 ロニー・ヴォンと言えば、元々は1960年代、その二枚目俳優ばりの端正な容姿で人 […]
  • メンサロン・ミネイロ=検察庁が最高裁に実刑請求=アゼレード氏に22年=「PSDBのジルセウ」とも=後輩知事のアエシオは否定2014年2月11日 メンサロン・ミネイロ=検察庁が最高裁に実刑請求=アゼレード氏に22年=「PSDBのジルセウ」とも=後輩知事のアエシオは否定 ニッケイ新聞 2014年2月11日 連邦検察庁は7日、かねてから「メンサロン・ミネイロ」という異名で注目されていた汚職事件の中心人物である元ミナス・ジェライス州知事のエドゥアルド・アゼレード現連邦下議(民主社会党・PSDB)に対し、22年の懲役、220万レアル罰金支払いという […]