ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年7月25日付け

 聖州オザスコ出身でカンピーナス・カトリック大学の医学生パウラ・シボヴさん(24)が22日、ペルー南部アレキパにあるコルカ峡谷を登山中、崖から200メートル落下して死亡した。パウラさんは友人夫婦との旅行中で、同峡谷での登山中、疲労の色が濃く、子ロバに乗っていくかとの薦めに応じて登山を続行したが、一頭の子ロバがパウラさんを乗せた子ロバを蹴飛ばしたため、子ロバもろとも崖から転落したという。
     ◎
 正ゴールキーパー、ラファエルの肘の故障で、明日の五輪予選第1戦の対エジプト戦を前にいきなり危機を迎えたかに見えたセレソンだが、代役と目されるネットは「こういう日がやって来るのを2年前から待っていた。僕がリーダーのつもりでやる」と頼もしい発言。イタリアの強豪フィオレンティーナで控えキーパーとして修行中の若者は、これをチャンスにスターとなれるか。
     ◎
 南米最大のアニメーション映画祭「アニマ・ムンディ」が、きょうから29日まで聖市西部バラ・フンダのラテン・アメリカ記念館と中央部のブラジル銀行文化センターで行われる。世界各国から参加した450のアニメ作品が見られるだけでなく、開催20回目となる今年からは、同祭主催の短編映画コンテストの優勝作品に米国アカデミー賞のノミネート資格が与えられるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ