ホーム | 日系社会ニュース | 20万レ超の大赤字か=県連日伯ロードレースで=説明不足に不満の声噴出=役員「明細分からない」

20万レ超の大赤字か=県連日伯ロードレースで=説明不足に不満の声噴出=役員「明細分からない」

ニッケイ新聞 2012年9月7日付け

 ブラジル日本都道府県人会連合会(園田昭憲会長)がイベント会社に委託して7月29日に実施した『第1回日伯ロードレース』の収支報告が、先月30日の代表者会議で発表され、現時点で10万レアル以上の赤字であることが分かった。経費の明細説明がないとして、県人会長から不満の声が噴出し、執行部役員が謝罪する事態にまで発展した。ある役員によれば、企業への事業委託料は総額25万レ。収入がわずかであることを考えれば、最終的には20万レ強の赤字を抱える可能性があるようだ。

 「こんなにかかるとは聞いていない。どういうことだ」—。収入1万レアル、支出11万3千レという大赤字の報告に代表者会議は色めき立った。
 執行部の「経費についての説明はしたはず」との発言に対し、大西博己氏(広島)は「具体的な数字の提示はなかった」と反論。「言った」「言わない」の言い合いになり、議事録を確認すると、実は説明していなかったことが判明した。
 同イベントの会計が『第15回日本祭』の一部で、収支の内訳が不明瞭となっていることにも不満の声があがった。内山住勝氏(群馬)は「独立した事業会計とすべき。何に経費が掛かったのか把握できないのはおかしい」と指摘した。
 これに対し、役員の山田康夫代表者会議長(滋賀)は「執行部のミスがあったことは事実。申し訳ありません」と謝罪。園田会長も「今後、本会計と事業会計は別々に作成する方針としたい」との意向を示した。
 執行部は赤字について「最大の原因は、支援を表明していた大口のスポンサーが6月になって急きょキャンセルしたこと。それに対応しきれなかった」と説明したが、釈然としない雰囲気のまま報告の承認が行なわれた。つまり、事前に大赤字になることが分かっていたが、中止にしなかったようだ。
 本紙の取材にある執行部役員は「支出として記載されているのは、委託金の7月支払額のみ。何にいくら使われたかその明細は公表されないので把握出来ていない。そのうえ、8月支払い分が残っており、来月の収支報告でさらに赤字額が増えることになる」と驚くべき内容を明かした。「詳細は分からない」とその役員は繰り返すがこの事業単体でみれば、20万レ以上の大赤字の可能性もあるようだ。
 同イベントは『日本祭』のテーマ「共存する進歩と環境」の関連イベントとして7月29日に開催され、約1500人が参加した。募集と運営は民間企業への委託によって行われた。

image_print

こちらの記事もどうぞ